電気で微生物から食料を生成する方法をフィンランドの科学者が発見

このエントリーをはてなブックマークに追加

確立されればほぼ無限に食料を生成できる方法が発見されました。詳細は以下から。

増え続ける世界人口と迫り来る食糧危機に備えるべく、培養肉や昆虫食など多様な対策が考えられていますが、フィンランドの科学者らは水と二酸化炭素、そして微生物と電気から食料を生成する方法を編み出しました。

フィンランドのラッペーンランタ大学とVTT Technical Research Centre of Finlandによる研究者のチームが「Food From Electricity」プロジェクトの一環として食料として十分な栄養分を含んだ単細胞タンパク質を電気分解によって生成することに成功しました。

研究チームは微生物を培養するバイオリアクターを用い、50%以上のタンパク質と25%の炭水化物を含むパウダーの生成に成功。舌触りなどは用いる微生物によって変えていくことも可能です。

Juha-Pekka Pitkänen主任研究員によると、現在はこの方法の効率化を図る段階であるとのこと。現時点ではコーヒーカップ程度の大きさのバイオリアクターを用いて1グラムのタンパク質を生成するために2週間掛かっています。

実際にこのバイオリアクターによって作られた食料が製品として流通するまでの期間は10年程度が必要という見通しです。

この食料生成技術の有益なところは豊富に存在する水、二酸化炭素、水中の微生物がそのまま材料となり、再生可能エネルギーによる電気によって生成するため、農業や牧畜を行う必要がないこと。

つまりは農業に適さない場所でも生成は可能ですし、自然環境から独立しているため、天候などによって生産量が左右されることもありません。

また、いわゆる「牛のげっぷ」など牧畜業によって排出される二酸化炭素などの温暖化ガスは全体の14~18%にも及んでおり、この方法に置き換えることで排出量の削減にも役立ちます。

食事として考えると少々味気なくはありますが、栄養とカロリーという観点から見ると、まったく新しい素材と手法によってこれまで見過ごされてきたものが食料となるという、極めて画期的な研究と言えそうです。

それにしても、いったいどんなお味なのでしょうか?

A Team of Scientists Just Made Food From Electricity ? and it Could be the Solution to World Hunger

【3個セット】完全栄養パスタ BASE PASTA 145g
ベースフード
売り上げランキング: 14,592

・関連記事
ナッツの風味で栄養もたっぷり!「ゴキブリパン」がブラジルで開発される | BUZZAP!(バザップ!)

「ゴキブリのミルク」が増加する人類の栄養問題を救う!? | BUZZAP!(バザップ!)

悪魔化されたゴキブリと神格化された蚕、「関西虫食いフェスティバル」主催の佐藤裕一氏大いに語る、インタビュー後編 | BUZZAP!(バザップ!)

【昆虫食】食用ミールワームを卓上で大量飼育できるお手軽農場キット「Hive」 | BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントで虫や藻から食料を作る技術をNASAが開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加