カリフォルニア州で「大麻の楽園」建設へ、大麻関連企業が過疎の町を丸ごと買収

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画のような話が現実になるかもしれません。詳細は以下から。

驚きのスピードで大麻の合法化が進むアメリカ合衆国ですが、カリフォルニア州では「世界初のエネルギー自給型大麻特化型観光地」というなんともカリフォルニアらしい観光地が誕生することになりそうです。

この試みを行っているのはアリゾナ州を拠点として大麻の栽培と関連技術を扱うアメリカン・グリーン社で、120エーカー(15万坪・東京ドーム10個分)の土地を500万ドル(約5億5000万円)で取得しました。

買い取られた町はニプトンというネバダ州との州境に程近く、ラスベガスからは車で1時間、ロサンゼルスからは3時間という立地。かつては金と銀の鉱山で栄えましたが、現在はホテルがひとつといくつかの商店と古い校舎が存在するだけで、住民は20人のみという超過疎地です。

Google Mapで見るとこんな感じの場所。往年の名作映画「バグダッド・カフェ」を思い出しそうな風景ですが、ニプトンは実際にあの映画の舞台とほぼ同じエリアに位置しています。

アメリカン・グリーン社は最初は大麻入りのミネラルウォーターの製造を行う予定ですが、18ヶ月の250万ドルをつぎ込む事業計画の中では大麻の栽培と大麻入り食品の製造も計画されています。

観光客向けには鉱泉と宿泊、大麻の小売りに加えて「意識の高い大麻愛好家らのための世界初の大麻エコツーリズム」も行う予定とのこと。

いざ「大麻の楽園」が実際に建設されれば多くの観光客が訪れることになりそうですが、果たして「バグダッド・カフェ」的な空間になるのか、それとも「ラスベガスをやっつけろ」的なタイプが流入してくるのか、非常に興味深いところです。

Marijuana company buys California town, plans pot paradise _ abc7chicago.com

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray
紀伊國屋書店 (2010-06-26)
売り上げランキング: 48,816
ラスベガスをやっつけろ [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-10-08)
売り上げランキング: 35,328

・関連記事
「Hollywood(ハリウッド)」サインが「Hollyweed(大麻)」に、カリフォルニア州の大麻合法化を祝う? | BUZZAP!(バザップ!)

Sigur Ros(シガー・ロス)が大麻入りグミを発売 | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から3年を経たコロラド州の大麻産業、既に全米第1位のクラフトビール産業よりも巨大化 | BUZZAP!(バザップ!)

米の医療大麻のシェアが拡大、165億円規模の医療費削減に | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフト社はなぜ大麻ビジネスへの参入を決めたのか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加