小池都知事「私がAIだからです」という理由で市場移転最終判断の記録を残さず

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by A Health Blog

東京都民はとんでもない都知事を選んでしまったのかもしれません。詳細は以下から。

東京都の市場移転問題で「豊洲移転・築地再開発方針」とした最終判断の記録が都に残っていない理由について、小池百合子知事は10日の定例記者会見で「一言で言えば政策判断。政策決定者である私が決めたということで、文書としては残していない」と理由を説明したと毎日新聞が報じています。

しかしこの会見では小池都知事の驚くべき発言がありました。市場移転問題の方針について「財源や運営費などを検討した記録が残っていないことが毎日新聞の情報公開請求で明らかになっているが、最終判断が知事と顧問団による密室で下されたことが情報公開という小池都知事の方針に逆行するのではないか」と記者が質問。

小池都知事はなんと文書が不在の理由を「それは、私がAIだからです」と回答。さらに「最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます」と答えています。

ひとまず小池都知事のAIについての知識が極めてふわふわしていることは分かりますが、自身がAIだとなぜ市場移転という重要問題の最終判断を記録を残さなくていいことになるのかの説明にはなっていません。

信じられない方のために書き起こしの引用と実際の動画はこちら。

小池都知事:
(前略)
そして2つ目のご質問でございますけれども、情報というか、文書が不存在であると。それはAIだからです。私がそれぞれ外部の顧問から、それからこれまでの市場のあり方戦略本部、専門家会議、いろいろと聞いてきました。考え方を聞いてまいりました。いくら金目が掛かるかということについては、この関係局長が集まった会議ですでにA案、B案、C案、D案と各種の数字が出てきております。よって、試算についてはすでに公表されているものがあります。

 最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます。回想録に残すことはできるかと思っておりますが、その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません。政策判断という一言で言えば、そういうことでございます。

小池都知事定例会見8月10日(全文2完)今度は若狭さんを応援していきたい (THE PAGE) – Yahoo!ニュースより引用)

都合の悪い質問をはぐらかして煙に巻くつもりであるとしたら菅官房長官や佐川国税庁長官も顔負けの奇策であり、毎日新聞も驚きの余りなのかこの発言をスルーしてしまいましたが、小池都知事に投票した東京都民はこの説明にどれだけ納得できるのでしょうか?

・関連記事
小池都知事が突然都民ファースト代表を辞任、どんな意味があるのかまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「小池都知事は今も自民党籍」など、いまいち分かりにくい「都民ファーストの会」の実態をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

息吐くように嘘をつく、小池百合子候補「核武装論者というのは捏造」→対談で「核武装の選択肢は十分ありうる」と明言、HPにも掲載していた | BUZZAP!(バザップ!)

小池百合子候補、1.8兆円にも及ぶ東京オリンピックの費用問題に「個人資産の協力をお願いする」との方針 | BUZZAP!(バザップ!)

小池百合子都知事候補、「病み上がりの人」発言を鳥越候補に激怒され「記憶にない」→証拠を突きつけられて「これが選挙、トランプはもっとすごい」と開き直り | BUZZAP!(バザップ!)

舛添前都知事よりひどい?小池百合子候補のカネ疑惑が多過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加