田亀源五郎が描いた「ガンダムUC」のジンネマン、驚くほど違和感ゼロに

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日一般誌での「弟の夫」連載を終えたゲイ・エロティックアートの巨匠、田亀源五郎先生が人気アニメ「機動戦士ガンダムUC」のスベロア・ジンネマンを自らの絵柄で描いて公開しました。詳細は以下から。

これが今回公開された、田亀源五郎先生が自分の絵柄をそのまま使って描いたジンネマン。「インナーを脱がせたのと胸毛は、単なる私の趣味」とのことで、公開30分で500RTを突破する反響です。

サイアム・ビストをはじめ、ガンダムUC作中に登場する中高年キャラクターのデザインに「田亀源五郎テイスト」を感じ取っていた人にとって、驚くほど違和感がない結果となった今回のイラスト。宇宙世紀に新たな1ページが刻み込まれることとなりました。

・関連記事
「∀(ターンエー)ガンダム」を大河原邦男氏がデザインするとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

ガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊、21年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

日本が誇るゲイアーティスト、田亀源五郎・児雷也・戎橋政造の特濃すぎるタンクトップ販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加