「皆既日食の土」が11万円で販売される

このエントリーをはてなブックマークに追加

全米を揺るがした昨日の皆既日食。なんとその影の通り過ぎた土が高額で販売されています。詳細は以下から。

天体ショーの中でも別格の皆既日食。昼の空が真っ暗闇に包まれ、コロナに包まれた漆黒の太陽が輝き、ダイヤモンドリングによって再び光に満たされる。それは死と再生そのものと言っても過言ではない壮麗にして雄大な自然の神秘です。

Photo by Junko Fujita

そんな皆既日食を目撃するという体験はまさにプライスレス…なはずなのですが、なんと「皆既日食の土」がebayで1029ドル(約11万2000円)で販売されています。

売っているのはgerecke9さん。説明によるとこの土は皆既日食の継続時間が最も長いエリアであるイリノイ州カーボンデールのもの。月の影が2分40秒にわたって太陽を覆い隠した土地の土であるとのことで、「あなたのとっておきの種をこの土に上で魔法が始まるのを待ちましょう」とされています。

ここまでだと強度のスピリチュアル色を感じますが、その後の説明文では「ああ、ぶっちゃけこれはただの土だよ。でも俺が言ったとおりの土なんだ。なあ、俺は妻の車の新しいタイヤを買わなきゃいけないからなんとか助けが欲しいんだよ。いやマジで言ってんだよ!」とのこと。正直さがなんだか微笑ましい事になっていますが、当然ながら買おうとする人は誰も現れていません。

もちろんこの土には何の魔力もありません。もしあるとしたらこれまでの全ての皆既日食(ここ10年でも複数回ありました)の通り過ぎたエリアで魔法のような草木が生えていなければおかしいし、そんなことは起こっていないので名実ともに単なる土であることは確定です。

それでも気分を味わいたい人は買ってみてもいいかもしれませんが、どうせなら2019年7月3日の次の皆既日食を見に行くための貯金に回した方がよさそうです。

Own a jar of eclipse soil, _darkened by the moon_, for only $1,029 _ Boing Boing

日食のすべて―皆既日食と金環日食の観測と撮影
大越 治 塩田 和生
誠文堂新光社
売り上げランキング: 130,228

・関連記事
【無料DL】NASAが14万件の画像、映像、音声ファイルをオンラインアーカイブで大放出 | BUZZAP!(バザップ!)

圧巻、NASAのJUNO探査機による木星の新たな詳細写真が公開される | BUZZAP!(バザップ!)

土星の輪の息を呑む超アップ画像をNASAが公開 | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】銀河系を遙か遠く離れて見た宇宙の姿はこうなっている | BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】チリ政府がUFOの映像を公開、2014年に海軍ヘリが遭遇し撮影 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加