【メンバー出演映像あり】「DISH//(ディッシュ)」メンバーとデート→告白の流れを楽しめる「ライブバスVR」運行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高速バス大手のWILLERとKDDIがタッグを組み、ライブ会場に向かう途中、憧れのアーティストやアイドルグループと一緒にいる雰囲気を満喫することができる「ライブバスVR」を運行することが本日発表されました。詳細は以下から。

KDDIおよびWILLERのプレスリリースによると、同社は2018年1月1日に5人組ダンスロックバンド「DISH//(ディッシュ)」が日本武道館で開催する単独ライブ「DISH//日本武道館 18’元旦 単独公演」のツアーバスにおいて、「ライブバスVR」を提供するそうです。

「ライブバス」は2010年からWILLERが運行しているライブ会場直行バスで、今まではアーティストグッズのプレゼントや限定DVDの放映などの特典が付属していましたが、「ライブバスVR」ではKDDIが制作した限定VRコンテンツを視聴できるというもの。

臨場感ある「バイノーラル録音」で収録されたVR映像でDISH//メンバーとの雑談やデート、告白などのシーンを体験できるほか、DISH//仕様のオリジナルハコスコを購入すれば、帰宅後も限定VRコンテンツを楽しめるとされています。

VRゴーグルを着けての着席イメージ。「バスの中でVR」は酔いまくりそうな気もしますが、「実物との差が大きくなると酔いが起きるので、なるべく酔わないゴーグルの選定やコンテンツ撮影を心掛けている」という回答でした。

しかしサービスをいくら文章で説明しても、実際に体験してみないことには分からないもの。今回行われた発表会では、なんと実際にDISH//のメンバーがVRを体験するというイベントが実施されました。

メンバーがVRを体験したトークセッションの動画はこんな感じ。「北村匠海さんの告白メッセージが流れるシーンなのに、映像が消えて音しか流れない」という、なかなかシュールな機材トラブルも発生したものの、終始和やかな様子で進んでいました。

フォトセッションの様子はこんな感じ。






・関連記事
「スペースチャンネル5」がスマホVRで復活!auスマホ発表会で電撃お披露目 | BUZZAP!(バザップ!)

格安高速バスの過酷さを明かした「とうりゅう観光(土江産業)」、倒産していた | BUZZAP!(バザップ!)

さようならezweb、KDDIが新メールドメイン「au.com」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

【初公開】深澤直人デザインの新コンセプトモデル「SHINKTAI(シンケータイ)」レビュー、反響次第で製品化も | BUZZAP!(バザップ!)

15周年を迎えたau design project博覧会「ケータイの形態学 展」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加