性生活を充実させるため、みんながやっている大切なことが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Zoe

マンネリにならないためにすべきことは何かが見えてきます。詳細は以下から。

最初は刺激的でも、その刺激がいつまでも同じままで続くわけではありません。だからといって、最初の刺激がなくなったからといってその先にあるのが灰色のマンネリ生活とも限らないのです。

インディアナ大学ブルーミントンのスクール・オブ・パブリック・ヘルスCenter for Sexual Health Promotionは共同で、アメリカ合衆国を代表する性行動について、これまでよりも極めて多種多様な行為にまで対象を拡大した初となる研究結果を公表しました。

被験者は男性975人、女性1046人の合計2021人の成人で、30以上の性行動を営んだ事があるかについて、また50以上の性行動の「性的アピール度」について質問を行いました。

研究を主導したDebby Herbenick教授によると「ステロタイプな見方に反し、男性にとっても女性にとっても最も魅力的な性行動はロマンチックで愛情のこもったふるまいでした。そこにはセックスの間によりたくさんキスをすること、愛情に満ちた前戯、セックスの間に甘くロマンチックな言葉を投げかけること、セックス前に部屋をロマンチックなムードにしておくことなどが含まれています」とのこと。

他に挙げられている「これまでにしたことのある性行動」としてメジャーなのは、セクシーな下着の着用(男26%女75%)、自分の裸かセミヌードの画像の送付(男65%女54%)、エロい物語を読む(57%)、公的な場所でのセックス(43%)、ロールプレイ(22%)、緊縛(20%)、スパンキング(30%)、AV視聴(男82%女60%女60)などとなっています。

多くの男女は相手へのアピールとして多種多様な性行動をかつては試みたものの、近年もそれをしているという人はあまり多くありません。

「この研究データはカップルたちがよりオープンにお互いの性欲や性的興味について話し合う機会を作ることでしょう。それによって彼らは新しいロマンティックで性的なやり方を見つけ、互いの性的満足や関係の幸福を増すことになるでしょう」としています。

アメリカ合衆国での調査であるため日本にそのまま当てはめられるものではありませんが、最も大切とされる「ロマンチックで愛情のこもったふるまい」をどれだけ自分たちがしているのか、刺激的な行為をあれこれ試すだけでなくちょっと考えてみてもよいのかも知れません。

Romance and affection top most popular sexual behaviors — ScienceDaily

(Photo by Zoe

いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣 (おとなの愉しみシリーズ)
石蔵 文信
すばる舎 (2015-07-24)
売り上げランキング: 447,783

・関連記事
セックスはどれくらいの時間継続するのが「普通」なの?気になる研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

セックスを週にどれくらいすると人は幸せになれるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

セックスの後のピロートークが極めて重要なことが判明、その際特に大切なのは…? | BUZZAP!(バザップ!)

友達やご近所さんよりもたくさんセックスすると幸せになれるという研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

6人にひとりがロボットとセックスしてもよいと考えている事が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加