「ブレードランナー2049」公開を記念した「ブレードランナー・プレミアムパーティー」が川崎の工場地帯で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバーパンク全開のパーティが開催されることになりました。詳細は以下から。

10月27日に日本公開の決定した、サイバーパンク映画の決定版である「ブレードランナー」の30年後の世界を描いた「ブレードランナー2049」。既に世界中が固唾を呑んで公開を今や遅しと待ちわびている状況ですが、公開に先だってサイバーパンク塗れのパーティが開催されることが明らかになりました。

映画『ブレードランナー 2049』予告3 – YouTube

「ブレードランナー・プレミアムパーティー」はJR川崎駅前のシネマコンプレックス「チネチッタ」が開業30周年を記念して行うブレードランナー・ファン・フェスティバルの一環として行われるもの。

公開前週末の10月21日の土曜日に旧作で描かれたロサンジェルスの近未来風景のモチーフになったとも噂される、川崎臨海部の幻想的な工場夜景に囲まれた広大な異空間で、ファンに向けたパーティが開催されます。

内容としては西修一、中子真治、高橋ヨシキらによる同作の謎に迫るトークショー、続編にまつわる秘蔵映像上映に加えて、Taku Takahashi(m-flo,block.fm)とKen IshiiによるLive、DJパフォーマンス、MMM映像空間のヴィジュアルパフォーマンスも行われます。

この時点でファンならば悶絶間違い梨なのですが、このパーティの協賛にわかもと製薬株式会社が名乗りを上げており、協力企業にはフィリップ・K・ディックによる原作小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の出版元である早川書房、そして留之助ブラスターの下呂温泉留之助商店本店の名前があるのを見れば一歩も引くつもりのない本気度をひしひしと感じることができるのではないでしょうか?

会場には屋台街もあり、その中には旧作でデッカードが「2つで十分ですよ」とたしなめられたあのメニューも提供されるとの噂も。きっと同じ屋台でうどんもオーダーできるはずですが、ちゃんとあのやり取りを復習しておく必要がありそうです。

名シーン ~ブレードランナー~ – YouTube

パーティの詳細は以下のとおり。チケット購入はこちらから。今なら早割などが使えます。

【日程】10/21(土) 17:30~22:00 予定
【会場】川崎市臨海部 浮島内駐車場特設会場
【料金】基本料金 7,500円 ※クラウドファンディング(CAMPFIRE)利用

チネチッタ _ BLADE RUNNER FAN FESTIVAL

なお、ブレードランナー・ファン・フェスティバルはこのパーティだけではなく、チネチッタ劇場内ロビーでの旧作にまつわるマニア必見の様々なコレクションアイテム(例:小道具の精巧なレプリカ、各国バージョンのポスター、絵コンテやサントラCDなど)を展示した『ブレードランナー・ギャラリー』の展開、さらに「ブレードランナー ファイナル・カット」の再上映など盛りだくさんな内容となっています。

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2010-04-21)
売り上げランキング: 5,081

・関連記事
「ブレードランナー 2049」の最新トレーラームービーが公開 | BUZZAP!(バザップ!)

「ブレードランナー」の30年後を描く続編「ブレードランナー 2049」のトレーラームービーが公開される | BUZZAP!(バザップ!)

「ブレードランナー」のヒロイン役が自分のポラロイドで撮影していた貴重な舞台裏の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

12597枚の水彩画で「ブレードランナー」を描いた究極のリミックス作品 | BUZZAP!(バザップ!)

エイリアン侵略後の地球の日常風景のを描くSimon StalenhagのSF絵画シリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

サイバーパンクとのどかな田舎が交じり合うSimon Stalenhagの風景画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加