週刊少年ジャンプの早売りネタバレサイト管理人逮捕、広告収入は3億円以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

「週刊少年ジャンプ」連載中の人気漫画をネタバレしていたサイトの管理人らが逮捕されました。詳細は以下から。

NHK産経新聞社の報道によると、マンガ雑誌の発売前に一部をネット上に掲載したとして、著作権法違反の疑いで沖縄県・鳥取県に住む男女3人と、秋田県に住む男が逮捕されたそうです。

このうち沖縄県・鳥取県に住む男女3人は今年7月までのおよそ1年間にわたり、早売り(発売日前に店頭に並ぶこと)を利用して手に入れた週刊少年ジャンプから、スキャナで「ONE PIECE」などの人気漫画をデータ化してサイトに掲載し、7500万円の広告収入を得ていたとのこと。

また、秋田県に住むウェブデザイナーの男は、ネット上にある同様のサイトから画像をコピーして「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」と称する自分のサイトに掲載し、逮捕されるまでの3年近くで、閲覧による広告収入を少なくとも3億500万円得ていたとされています。

・関連記事
「佐世保女子高生殺人・遺体切断事件に感謝」、2chまとめブログの炎上商法に人の死までもが利用される事態に | BUZZAP!(バザップ!)

痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……大手まとめサイトが森友学園問題を軒並みスルーで民進党全力叩きの怪 | BUZZAP!(バザップ!)

大手まとめサイトの「森友学園問題スルー&民進党全力叩き」に異変、痛いニュース・JIN完全沈黙、ハム速・はちま発狂 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加