軍事ビジネス加速か、トランプ大統領が日本と韓国に高性能な軍事兵器の大量購入を許可

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領は極東の軍事的緊張と軍事ビジネスさらに拡大するつもりのようです。

トランプ大統領は9月5日夜のツイートで「私は日本と韓国がアメリカ合衆国から高性能の軍事兵器を十分なだけ大量購入することを許可する」と宣言しました。

現在朝鮮半島情勢はアメリカ合衆国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩党委員長のチキンレースの様相を呈していますが、トランプ大統領の日本と韓国を巻き込む形での今回の発言はこれまでにも増して火の粉を多方面に振りかける危険な発言と言えます。

また、日本がアメリカ合衆国から軍事兵器を高値で売りつけられている事はオスプレイ購入などの際などにたびたび指摘されてきましたが、今回の緊張の高まりを受けたトランプ大統領流のセールスと見ることもできそうです。

折しも日本の防衛予算は4年連続で5兆円を越し、来年度予算の要求額は過去最高額の5兆2551億円を記録したところ。日本側としても大量購入の準備は整っている状況です。

この流れを受けて一気に高性能の軍事兵器の大量購入が行われることになるのでしょうか?

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 10,465

・関連記事
日本政府、北朝鮮のミサイルを事前察知していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

稲田防衛相の「財源のない子ども手当をつくるなら軍事費を増やすべき」発言が炎上、本人は夫名義で「防衛関連株」を大量保有 | BUZZAP!(バザップ!)

政府「防衛費は来年も5兆円超になるけど社会保障費は1300億円削減ね」 | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ大統領のトイレットペーパーがメキシコで爆誕へ、収益の3割を移民支援に | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ勝利からたったの1日、米国内ではマイノリティへのヘイトクライムが吹き荒れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加