富野由悠季監督が逆シャアの分かりづらさを謝罪、「新作を作るなら、もっと恋愛をしっかり描きたい」とコメントも

このエントリーをはてなブックマークに追加

分かりやすいシャアというのもなかなか想像できませんが…。詳細は以下から。

隔年で奈良市で開催される「なら国際映画祭」のプレイベントにガンダムシリーズを生んだ富野由悠季監督が登場しトークを披露しました。

「ならまちセンター」で行われたこのプレイベントでは1988年に公開された「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」が当時と同じ35mmフィルムを使用して上映されました。富野監督は公開後初めて同作を全編通して観たということで、上映後に集まった観客らに「分かりにくい話で申し訳ありませんでした」と謝罪。

逆襲のシャアの制作に当たっては「ロボット戦闘ものにしない」ことを念頭に置いたという富の監督は「映画というのは、男女の関係を描く低俗なものであるべき。だからメインキャラの恋愛を描こうとしたが、今見返すと、もっと色っぽく作れたはず」と映画論をぶち上げます。

そして「もし新作を作るなら、もっと恋愛をしっかり描きたいし、後進にも恋愛を描いたロボット映画を作って欲しい」と、新作への意気込みを匂わせる発言も飛び出しています。

色っぽい恋愛要素が満載の富野作品も観てみたい気もしますが、ガイア・ギアのシャア並に分かりづらいキャラクターの作品も観てみたくあります。

富野由悠季監督「もっと色っぽく作れたはず」_関西_デイリースポーツ online

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]
バンダイビジュアル (2001-03-25)
売り上げランキング: 13,926

・関連記事
田亀源五郎が描いた「ガンダムUC」のジンネマン、驚くほど違和感ゼロに | BUZZAP!(バザップ!)

機動戦士ガンダムシリーズの「ダメな人」ランキング、1位がまさかの人物に | BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】富野由悠季監督が機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」開会式でスピーチ | BUZZAP!(バザップ!)

大阪の機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」が史上最大過ぎて萌えアガらずにはいられないレベルに | BUZZAP!(バザップ!)

まるでマクロスかガンダム、スターウォーズを帝国視点から80年代日本アニメ風に描いたショートアニメ作品がすごい! | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加