格安で買える桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油(業務用)」を買ってみたら、とんでもないことになりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年に発売され、「食べるラー油」という新しいジャンルを開拓した桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。

香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンのおかげで食感もよく、味にコクがあるため、すぐ瓶が空になってしまうこともしばしばですが、ついコストパフォーマンスを意識して業務用を頼んでみたところ、とんでもないものが届きました。詳細は以下から。

まずはスーパーなどでおなじみ「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の瓶。

110グラム入っていて、安ければ300円ほどで買えます。

用途もたくさん。

開栓後は冷蔵庫に入れて清潔なスプーンで扱いさえすれば、1ヶ月程度はもつようです。

そして今回買った業務用がこちら。Amazon.co.jpで2000円足らずで買えます。

内容量1kg。一般的な瓶タイプの9倍入っています。

見てもらえば分かるように、フライドガーリックがぎっしり。

裏返すとフライドオニオンが大量に沈殿していました。

持ち上げてみるとこんな感じになります。

袋を触ってみたところ。

なお、開封後は瓶タイプと異なり、1週間を目安に食べきる必要があるとのこと。とりあえず清潔なスプーン、瓶を使って小分けにして冷蔵庫で保存するしかないようです。

保存するためにかなり大きな瓶が必要になることを考えると、少し面倒な感もある業務用「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。共同購入して各家庭で分けるなどすれば無理なく消化できるため、使い方次第ではオススメできるアイテムです。

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 1kg
桃屋
売り上げランキング: 3,384
日清 どん兵衛きつねうどん(西) 95g×12個
日清食品
売り上げランキング: 1,471

・関連記事
宇都宮発の斬新過ぎる万能調味料「ご飯にかけるギョーザ」を試食してみました | BUZZAP!(バザップ!)

「餃子は酢と辣油で食べる」など、宇都宮流餃子の食べ方あれこれ | BUZZAP!(バザップ!)

栃木のソウルドリンク「レモン牛乳」とはいったいどんな飲み物なのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加