【写真・動画あり】auショップ店員のユニフォームがBEAMS監修で大幅刷新、iPhone 8商戦に向けてユーザー目線でサービス整備も

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIが10月1日から全国のauショップでスタッフのユニフォームを刷新することを受け、さっそく撮影してきました。

デザインは「Uniform Circus BEAMS」が監修しており、機能性と親しみやすさを両立した「ビジカジ」スタイルとなっています。詳細は以下から。

まずはiPhone 8商戦に向けたauのサービス周りの整備状況の振り返り。まずは料金面への不満に応えるべく導入された、キャリア品質の快適な通信回線を格安スマホと渡り合える料金で利用できる「auピタットプラン」「auフラットプラン」。先日iPhoneにも対象機種が拡大しました。

iPhoneが故障した場合のサポートもより簡単に。電話1本で翌日にリフレッシュ品が届くようになっています。

auショップの待ち時間を解消する「au STARパスポート」や、ビッグデータを利用してユーザーへの提案(レコメンド)の精度を上げる取り組みも。

さらにショップの営業時間短縮や定休日の設定、毎日の締め作業や棚卸しを10分で済ませられる「au POSシステム」の導入を進めています。

なお、登壇したのはKDDI株式会社 コンシューマエクスペリエンス推進部部長 木村奈津子さん。販売現場からのたたき上げの人物です。

また、親しみやすさの向上を目指して、10月1日から全国のauショップでユニフォームを刷新。

Uniform Circus BEAMS監修のもと、そごう・西武が製作します。

男性向けは全14スタイル、女性向けは全28スタイルという怒濤のバリエーション。着回しに困りません。


今回の新ユニフォーム発表会では、BEAMS株式会社 開発事業本部 開発事業部 ライセンス事業課長/バイヤーの矢崎裕氏も登壇。

それぞれのスタイルについて、木村部長と矢崎氏による解説が行われました。



フォトセッションの様子はこんな感じ。

・関連記事
iPhone 8を格安スマホ並みの月額1980円で使える「auフラットプラン」「auピタットプラン」発表会まとめ、毎年新機種へ乗り換えも | BUZZAP!(バザップ!)

もはや格安スマホ不要、キャリア回線をMVNO並みの値段で使える「auフラットプラン」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone版「auピタットプラン」「auフラットプラン」発表、データ20GB・通話定額込みで月額4500円に | BUZZAP!(バザップ!)

auが4波キャリアアグリゲーション「4CC CA」をiPhone 8に提供へ、3.5GHz帯を活用 | BUZZAP!(バザップ!)

auが256QAM採用で下り最大708Mbpsに高速化、WiMAX 2+は558Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加