【朗報】NHKネット配信は受信契約世帯のみ対象と決定、未契約者は画面に「契約促すメッセージ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

紆余曲折の結果「受信料型」の採用はとりあえず見送りとなりました。詳細は以下から。

NHKが2019年から本格的に開始する予定のテレビ番組のネット同時配信について、受信料を支払う契約を行った世帯のみを対象としてサービスを開始することを決定しました。

受信契約世帯は追加料金無しで家族全員がスマートフォンやPC、タブレットを用いて番組を閲覧することができます。未契約の場合は画面の一部に契約をうながすメッセージなどを表示するということで、完全に閲覧できないわけではなさそうです。

現時点では総合と教育の2チャンネルを配信し、今後段階的に地域ごとのローカル番組も配信する計画となっています。なお、その際にスマホのGPS機能などを使ってローカル番組は他の地域からは見られないよう制限する予定とのこと。受信契約を行った住所ではなくGPS機能を使うということで、旅行や出張の際は地元のローカル番組は見られないことになりそうです。

また、見逃し配信は有料で運用しているNHKオンデマンドとの関係を整理した上で実現を目指すということですが、料金体系などは現時点では未定です。

ひとまず未契約世帯に対してインターネットに接続可能なPCやスマホ、タブレットなどの端末を保有している世帯は問答無用で受信料を徴収するという「受信料型」が放棄されたのは大きな朗報。

ただし自宅にテレビを置かず、ネットのみでの視聴を求める層に対してどのような徴収方法をとるかはなんら明らかにされていません。ひとまずは安心とは言え、今後どうなるのかさらに注視していく必要がありそうです。

NHKネット配信、契約世帯が対象 19年度開始の意向:朝日新聞デジタル

・関連記事
【悲報】NHKが「問答無用で全PC・スマホ所持世帯から受信料徴収」する方針を決定 | BUZZAP!(バザップ!)

NHK検討委「受信料徴収率上げるために電力会社や郵便局に未払い世帯の個人情報を提出させよう」 | BUZZAP!(バザップ!)

NHK「未契約世帯は受信料払いたくなければ『テレビがない』と申告しろ、虚偽申告は罰則な」 | BUZZAP!(バザップ!)

NHK籾井会長、地裁の決定に反しワンセグ受信料徴収の続行を明言、総務省の運用見直し・実態調査要請も無視 | BUZZAP!(バザップ!)

高市総務相「ワンセグ携帯持ってるならNHK受信料払うべき」、さいたま地裁の判決とは真逆の主張 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホやPC所持だけでも該当?NHK経営委員長が「ネット配信からも受信料徴収」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加