安倍政権、北朝鮮より内閣不信任決議案の方が脅威だったことが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by keyaki

北朝鮮のミサイルよりも自分が不信任を突きつけられる方が安倍政権にとってはより強大な脅威だったようです。詳細は以下から。

BUZZAP!では先日から安倍政権が臨時国会冒頭解散において北朝鮮のミサイル発射などに対する非難決議が見送られる公算であることをお伝えしてきましたが、その理由は驚くべきものでした。

◆内閣不信任案否決と衆議院解散・総選挙という不整合
安倍政権は森友学園問題・加計学園問題・南スーダンPKO日報問題などにおいて野党に批判の機会を与えずに逃亡したいという思惑があり、臨時国会の開会式も所信表明演説も行わないという異例中の異例の冒頭解散に踏み切ることを決めています。

しかしここで北朝鮮のミサイル発射に対する非難決議を採択するとなると、決議案採択の手続きに入った時点で野党が内閣不信任決議案を提出した上に政府批判の演説の機会を与えてしまうことになります。

さらには内閣総辞職を求める内閣不信任決議案を否決した直後に解散・総選挙を宣言し、内閣総辞職となれば直前の否決との整合性がまったく取れない状態になります。

◆「立法府の意思」表示を自身の批判逃れのために潰すということ
与野党が幹事長・国対委員長会談を開き、「立法府の意思を示す」ために臨時国会冒頭に非難決議を採択することで一致したのが北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた9月15日のこと。決議の採択は全会一致が慣例のため、与党はもちろん野党も含めた日本全体の一致した意思表示として北朝鮮への「圧力」を明示する絶好の機会であるわけです。

しかし北朝鮮を「これまでにない脅威」として国民を煽りこれまでとは異次元の圧力を科すべく、取り組みを進める必要がある必要なのは対話ではない。圧力だと強調しながら非難決議を見送るということは、結局のところ北朝鮮よりも内閣不信任決議案を恐れているということに他なりません。

Photo by Sarah

さらに言うならば、この行為は我々日本国民の代表である与野党が一致して国権の最高機関である「立法府の意思を示す」機会を、安倍首相が自分への批判から逃れるための都合で奪うということになります。これでは背信行為という批判を受けることにもなりかねませんが、大丈夫なのでしょうか?

衆院:北朝鮮非難決議見送りへ 与党が不信任案提出を警戒 – 毎日新聞

(Photo by keyaki, Sarah

新版 北朝鮮入門
新版 北朝鮮入門
posted with amazlet at 17.09.22
礒〓 敦仁 澤田 克己
東洋経済新報社
売り上げランキング: 16,564

・関連記事
「北朝鮮と断交しろ、労働者受け入れも交易も全部だ」と河野外相が世界中の166ヶ国に強く要求 | BUZZAP!(バザップ!)

「北朝鮮のミサイル発射に抗議する非難決議」まで見送りへ、臨時国会冒頭解散が異常事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「消費増税で教育無償化・社会保障充実」安倍首相、解散・総選挙で訴えへ→650億円かけて総選挙する必要なさ過ぎて批判 | BUZZAP!(バザップ!)

「消費税は全額社会保障に使う」と前回選挙で公約した安倍首相、なぜか「10%引き上げの増収分を国の借金返済から社会保障の充実に振り向ける」事を訴える | BUZZAP!(バザップ!)

「北朝鮮脅威」の真っ只中に臨時国会の冒頭で衆院解散の見通し、森友・加計・南スーダンPKO日報問題追求から逃走か | BUZZAP!(バザップ!)

日本政府、北朝鮮のミサイルを事前察知していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

北朝鮮の「太陽節」当日に安倍夫妻は「桜を見る会」を強行開催、岸田外相は帰省、GWに稲田防衛相は外遊という危機意識の欠如 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加