「電脳」が遂に誕生への一歩、人間の脳とインターネットの接続に世界で初めて成功

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by DigitalRalph

「攻殻機動隊」で描かれた「電脳」への小さくも大きな一歩が踏み出されたようです。詳細は以下から。

BUZZAP!ではこれまで「攻殻機動隊」に登場する「擬体」に相当する技術やデバイスについて何度も取り上げて来ましたが、ついにもうひとつの作品のキーとなる「電脳」への一歩が踏み出されました。

マイクロマシンと神経細胞を結合させ、広大なネットにアクセスする…「攻殻機動隊」の作品世界で大きな役割を果たす「電脳」。作品内ではその危険性も描かれていますが、高度情報化社会の到達点のシンボルとして、実現化が望まれるデバイスのひとつです。

そんな「電脳」の開発は複雑に絡み合う神経細胞の塊である脳と2進信号を基本とするデジタル機器とのインターフェースの構築など極めて困難な課題が山積みであるとされており、画期的なブレイクスルーの話は聞かれません。

そんな中、南アフリカ共和国ヨハネスブルグのウィッツ大学のAdam Pantanowitz博士らの研究チームは脳の電気信号を探知する機器「脳波図」を用い、神経学的な活動をコンピューターに転送。コンピューターはこの信号をオンラインで走らせているプログラムでインターネット上にライブストリーミングしたとのこと。研究者らはこの成果を「Brainternet(脳インターネット)」と呼んでいます。

あの作品世界を知っている人は「それだけ?」と思ってしまいますが、それでも世界で初めての試みであり、第一歩であることは間違いありません。Adam Pantanowitz博士はステートメントの中で以下のように語っています。

最終的にはユーザーとその脳の間でインタラクティブな作用を可能にしたい。そうすればユーザーは刺激を与え、反応を見ることができるようになる。

Brainternetを発展させればスマホアプリで記録を分類できるようになる。そうすれば機械学習アルゴリズムにデータを提供し、将来的には脳とコンピューターの双方向的な情報のやり取りが可能になるだろう。

ということで、将来的な話ですが脳とコンピューターが情報をやり取りするという状況にまで到達することが想定されています。

この時点ではマイクロマシンと脳の結合という発想ではないため、記憶を蓄積したり感覚を補助することはできなそうですが、脳がインターネットに直接続という夢に向かった一歩と言えそうです。

この先どこまで辿り着くのでしょうか?「マトリックス」までは行き過ぎにも感じますが…?

Scientists Connect A Human Brain To The Internet For The First Time _ IFLScience

(Photo by DigitalRalph

攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017
講談社
売り上げランキング: 13,550

・関連記事
重症のALS患者、脳へのインプラント手術によって「考えるだけ」でコミュニケーション可能に | BUZZAP!(バザップ!)

もう1本親指が手に入るとしたら?3Dプリントの「義親指」の開発で、義肢の発想がネクストレベルに | BUZZAP!(バザップ!)

神経系に直繋ぎして動作をコントロールし、触覚もフィードバックできる義肢が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

ロボットが自律性テスト中に実験施設から脱走 | BUZZAP!(バザップ!)

あと10年?あの「光学迷彩」がいよいよ現実のものに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加