希望の党の党内統括機関「ガバナンス長」が危険すぎると話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチスの親衛隊ばりの党内警察になるのではないかとも囁かれています。

党規約の策定を進める小池都知事の新党「希望の党」が党役職として、代表を補佐する「ガバナンス長」を設けて、「党内の統括」を行うとしてしています。

このガバナンス長は幹事長に次ぐ地位と権限を持つ役職とされ、国会議員・国政選挙候補者の人物評価やメディア対応など所管事項は幅広く、国会対応では予算案や安全保障に関わる法案、内閣不信任決議案など重要議案を除き、党議拘束をかける必要があるかどうかも決定します。

なお、ガバナンス長は議員や候補者らのメディア対応やツイッターなどのSNSを通じた発信も所管するとされています。

ガバナンス長は国会議員でなくても代表である小池都知事が自由に指名できるとされており、一方の幹事長は国会議員の中から代表が指名し、「ガバナンス長の所管事項を除く」党務を担うと規定されます。

ここまでの情報をまとめると、ガバナンス長は希望の党所属議員及び候補者を「選別」し、その言論や情報発信を「監視・統制」するという党内警察とでもいうような役割を持ちながら、その選出は小池都知事の指名により国会議員ですらない外部の民間人が選ばれる可能性もあるということです。

なお、小池都知事が事実上の代表である都民ファーストの会で「議員取材の制限」や「飲み会の禁止」などといった言論統制、行動の制限が所属議員に課せられていることは既に報道されているとおり。

小池都知事の息の掛かった人物がガバナンス長に就任することで、所属議員の発信が「監視・統制」された上に「選別」を恐れて自由にものを言えなくなることは間違いなさそうです。

こうした懸念から既にネット長では「ガバナンス長」という役職を大日本帝国の憲兵や特高警察、ナチスの親衛隊やゲシュタポに例えて危険性を指摘する声が上がっています。

合流を図った民進党議員の「選別」「排除」の方針ではまさに女帝っぷりを見せつけた小池都知事ですが、仲間に対してもその方針は変わることはないようです。こうした発想で「統括」を行う人物が仮に内閣総理大臣という地位に就いた時、同じ方針を国民に対しても行うのではないかという懸念を単なる妄想と切って捨てることはできないでしょう。

【衆院選】代表複数も可能 希望の党の規約案が判明 小池百合子知事が国政復帰しない場合の対応も

「ガバナンス長」設置=幹事長権限を分散-希望規約案【17衆院選】:時事ドットコム

特高警察 (岩波新書)
特高警察 (岩波新書)
posted with amazlet at 17.10.02
荻野 富士夫
岩波書店
売り上げランキング: 34,489

・関連記事
枝野幸男氏が新党「立憲民主党」結成へ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】希望の党の中山成彬元文科相「安倍首相の交代は許されない」 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

小池新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」が20000%大嘘である3つの理由 | BUZZAP!(バザップ!)

小池新党「希望の党」、日本のこころ合流で完全なる「極右大行進」に | BUZZAP!(バザップ!)

石原元都知事さえ送っていた「関東大震災の朝鮮人虐殺」への追悼文、小池都知事が断る | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加