有機ELパネル次第で製品化?Lenovoの折りたたみスマホ「Folio」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年開催された「CEATEC JAPAN 2016」で展示されたLenovoのコンセプトモデル「Folio」をCEATEC JAPAN 2017でじっくり触ることができました。詳細は以下から。

これがLenovoのコンセプトモデル「Folio」。

あくまで参考出展という位置付けで、本体もモックです。

しかしよくよく見るとカメラの配置や……

電源ボタン、SIMカードスロット、USB Type-C端子など、かなり現実的な部分まで設計されている印象。

背面のヒンジ部も作り込んであります。

もちろん1枚板として使えるだけでなく、折りたたんで使うことも。


やはり見れば見るほどLenovoとパソコン事業で協業しているNECが2013年に発売した「MEDIAS W N-05E」を思い出させます。

ディスプレイ部分が製品化にあたってのハードルになると思われるFolio。フレキシブルな有機ELパネルが安定して供給されるようになれば、発売も見込めそうです。

・関連記事
人気格安スマホ最新モデル「Moto G5s Plus」速攻レビュー、デュアルカメラ搭載で携帯各社の回線に対応 | BUZZAP!(バザップ!)

かつてのNexus 7並にお買い得な「Lenovo TAB3 8 Plus」レビュー、高性能・高精細・高音質で1万円台の超コスパを実現 | BUZZAP!(バザップ!)

人気の小型ノート「GPD Pocket」が怒濤の業界最安&オマケ付きに、「GPD WIN」も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone X対抗の超狭額縁スマホ「Xiaomi Mi Mix 2」速攻レビュー、JDIの最先端液晶や国内3社のLTE本格対応も | BUZZAP!(バザップ!)

極地戦仕様の防水防塵耐衝撃モバイルバッテリー「RAVPOWER RP-PB044」レビュー、シャワーで大量の水をぶっかけてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加