人気格安スマホ最新モデル「Moto G5s Plus」速攻レビュー、デュアルカメラ搭載で携帯各社の回線に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

Motorolaの人気格安スマホ「Moto G」シリーズに、コストパフォーマンスの高いデュアルカメラモデルがラインナップされたので、早速レビューをお届けします。詳細は以下から。

これが10月6日から3万8800円で発売される「Moto G5s Plus」。ゴリラガラス3採用の5.5インチフルHD(1920×1080)IPS液晶を備えたAndroid 7.1スマホ。本体には撥水ナノコーティングが施されています。

Snapdragon 625/4GB RAM/32GB ROMを搭載しており、性能的には「国内版Zenfone 3のRAM増量版(3GB→4GB)」といったところ。

レスポンスは十分。Snapdragon 6xxシリーズはかなり安定感があります。

背面はこんな感じ。15分の充電時間で最長6時間の駆動を実現する「TurboPower」に対応した3000mAhバッテリーを搭載しています。

F2.0のカラー、モノクロカメラ(1300万画素)のデュアルカメラ構成。被写界深度エディタによってボケ味のある写真を撮ることができるほか、デュアルLEDフラッシュによってカラーバランスを補正することもできます。

実際に被写界深度エディタを使って撮影を試してみたところ。

側面はこんな感じ。

DSDS対応のSIMカードスロットを搭載。ただし2枚目のSIMカードはmicroSDカードとの排他仕様です。

画面下には指紋認証センサー兼ホームボタン。なお、microUSB端子を採用しています。

カメラは通常撮影以外に、被写界深度を有効化する機能やプロフェッショナルモードがあります。

なお、Moto G5s Plusの対応ネットワークは幅広く、ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドLTEやAXGP、WiMAX 2+を利用可能。もちろんau VoLTEにも対応しているため、UQ mobileやmineoなどのau系格安SIMも利用できます。

3G(W-CDMA:B1/B2/B5/B8/B19、B6含む)
4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28、TD-LTE:B38/B40/B41)

・関連記事
かつてのNexus 7並にお買い得な「Lenovo TAB3 8 Plus」レビュー、高性能・高精細・高音質で1万円台の超コスパを実現 | BUZZAP!(バザップ!)

人気の小型ノート「GPD Pocket」が怒濤の業界最安&オマケ付きに、「GPD WIN」も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone X対抗の超狭額縁スマホ「Xiaomi Mi Mix 2」速攻レビュー、JDIの最先端液晶や国内3社のLTE本格対応も | BUZZAP!(バザップ!)

極地戦仕様の防水防塵耐衝撃モバイルバッテリー「RAVPOWER RP-PB044」レビュー、シャワーで大量の水をぶっかけてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加