ポストスマホも夢じゃない、耳穴で個人を特定&音声で生活をアシストするNECの「ヒアラブル技術」

このエントリーをはてなブックマークに追加

この技術が普及すれば、スマホを手に持って歩く日常から解放されるかもしれません。詳細は以下から。

NECが開発したヒアラブル技術向けのデバイス。ワイヤレスイヤホンのように耳に取り付けるタイプです。

耳穴からの反響音を使って個人を特定するNECの独自技術「耳音響認証技術」を採用しています。

ヒアラブルデバイスにはマイク・光学センサー、イヤホン、モーションセンサー、地磁気センサーなどが内蔵されており、利用者のバイタルや所在地を把握した上でさまざまなアシストが行われる仕組み。

音声で操作するためディスプレイを見る必要もなければ、手がふさがることもない。これがヒアラブルデバイスのメリットです。

デモムービーはこんな感じ。ヒアラブルデバイスとメガネ型デバイスなどを組み合わせれば、いつかスマホは不要になるかもしれません。

・関連記事
もはや攻殻機動隊の世界、道行く人間を瞬時に特定するNECの「リアルタイム顔認証」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

網膜に直接映像を投影するメガネを富士通が開発、視覚障害者に新たな「見え方」を提示 | BUZZAP!(バザップ!)

視力に合わせて度数を変えられる、液体レンズの「スマート眼鏡」が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加