前原代表の裏切り確定「希望者全員希望の党で公認を目指す」→「分裂も全て想定内」で立憲民主党候補に刺客擁立

このエントリーをはてなブックマークに追加

前原誠司民進党代表は緑のたぬきに騙された間抜けな被害者ではなく、確信犯的な裏切り者だったことが確定しました。詳細は以下から。

民進党の崩壊から希望の党の要求する「踏み絵」でのリベラル派の「排除」の流れで日本の政界地図は1週間の間に激変しました。

第一野党が1日で崩壊した「戦犯」として名前の上がっている前原誠司民進党代表は単に小池都知事にいっぱい食わされたのか、それとも自らの野望で確信犯的に民進党を破壊し、改憲勢力である希望の党に人員を補給した上にリベラル派を総崩れに導いた裏切り者のユダだったのかは謎のままでした。

しかし、10月3日に民進党本部での会見によって前原代表が最低最悪の裏切り者であることが確定しました。その発言は「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかったと思っている」というもの。

◆前原は騙された被害者か、裏切り者のユダか
前原代表は9月28日午後に行われた民進党の党両院議員総会で「我々の理想の社会を作るため、好き勝手な安倍政権を終わらせるため、もう一度2大政党を作るために、名を捨てて実を取る。その決断をご理解いただきたい」と主張、以下のような民進党崩壊プランを「提案」しました。

一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。
二、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。
三、民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。

この総会後の会見では前原代表はすべての民進党議員の希望の党での公認を目指す考えを示していました。

しかし小池都知事は初期段階から「民進党側から、いろいろと呼びかけはあったと聞いているが、そもそも『党としてうんぬん』は、こちらは、全く考えていない」と述べていた上に、踏み絵による「選別」を行う事を明示、さらいは「リベラル派は排除する」とまで明言していました。

つまりは前原代表の当両院議員総会での提案は完全に反故にされた上に、民進党議員は自らの憲法観や安保法制、外国人参政権などについての政策や主張を曲げてでも服従し、しかも数百万円と言われる「上納金」を収めなければ無所属として放り出されるという進むも地獄引くも地獄という窮状に追い込まれたことになります。

既にこの時点で前原代表は、例え騙された被害者だったとしても「売党行為」によって日本の第一野党を崩壊に追い込んだ張本人であり、まったく情状酌量の余地がない愚か者と指さされるのは間違いありませんでした。

◆同僚を裏切る政治家が国民を裏切らない保証などあるのか?
しかし前原代表はかつての同僚議員であった民進党議員の多くをここまでの地獄に追い込んでおきながら「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかったと思っている」と胸を張っています。

これはつまり「踏み絵」を踏んだ同僚が上納金をむしり取られて希望の党への隷属を強いられることも、「踏み絵」を踏むことを拒んだリベラル派の同僚が無所属として放り出されて窮地に陥ることも「想定内」であり「自分の判断は正しかった」と豪語しているということ。

俄には信じがたい言葉ですが、これでは銀貨30枚でキリストを売り、後悔して自殺したユダを遙かに超える最低最悪の裏切り行為であると言う他ありません。このような裏切り者を政治家として、そして人間として今後いったい誰が信用することができるのでしょうか?

同じ政党の同僚議員すらも最低最悪の形で裏切る政治家が、仮に今後希望の党で厚遇され要職に就いたとして、国民を裏切らない保証がどこにあると言えるのでしょうか?

◆希望の党は立憲民主党に刺客、安倍政権との連立の可能性にも言及
しかも希望の党は枝野幸男氏の立憲民主党から出馬する民進党出身議員に対して「刺客」を擁立することを決めています。

「好き勝手な安倍政権を終わらせるため、もう一度2大政党を作るため」に希望の党と合流したのであれば、安倍政権への対立勢力である立憲民主党に「刺客」を送る意味が全くありません。むしろ安倍政権に批判的な有権者の投票先を二分し、かえって安倍政権をアシストする結果になることは火を見るよりも明らかです。

前原代表はこうした希望の党の方針に異を唱えておらず、自らが窮地に追い込んだ同僚議員にとどめを刺す事になんら痛痒を感じていないようです。

さらに小池都知事は10月2日に産経新聞の単独インタビューの中で自民党との連立について「結果をみて判断する」と否定していません。また、自民党の石破茂議員も希望の党との連携については以下のように述べて可能性を示唆しています。

つまりは前原代表の「好き勝手な安倍政権を終わらせるため、もう一度2大政党を作るため」という言葉も希望の党によって既に反故にされています。希望の党の躍進によってできあがるのは2大政党制ではなく自民党の補完勢力であり、議席数によっては希望の党を含んだ連立政権に他なりません。

本来であれば、安倍政権を終わらせて2大政党制を目指すために必要なのは自民党・公明党候補に対する刺客の擁立であり、この真逆の方針をとっている以上、前原代表の言葉は全て中身のない嘘であると言うしかないでしょう。

今回無所属で立候補するとした前原代表ですが、京都2区の有権者は正しい判断を行えるでしょうか?全国から注目されることは間違いないでしょう。

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 15,680

・関連記事
立憲民主党のツイッター公式、たった一晩で希望の党の30倍超のフォロワー50000人超え、民進党もダブルスコアで追い抜く | BUZZAP!(バザップ!)

「立憲主義」ってどんな意味?みんな大好き育鵬社の中学生向け公民教科書で調べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

枝野幸男氏が新党「立憲民主党」結成へ | BUZZAP!(バザップ!)

民進党、前原代表の「売党行為」で完全崩壊 | BUZZAP!(バザップ!)

希望の党の党内統括機関「ガバナンス長」が危険すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加