【悲報】まとめサイト産経新聞「日本を貶める日本人をあぶりだせ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム産経抄で「反日日本人」をあぶりだせと怪気炎を上げています。詳細は以下から。

まとめサイト産経新聞のデマとヘイトを筆頭にした惨状についてはBUZZAP!でも繰り返し繰り返し報じてきましたが、名物コラム「産経抄」で「日本を貶める日本人をあぶりだせ」と声高に叫ぶまでになってしまいました。

産経新聞は10月19日の「産経抄」において日本を貶める日本人をあぶりだせ」(魚拓というタイトルのコラムを掲載しました。

冒頭で「日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない」という日本賛美から導入して持ち出すのはマルタで暗殺された「パナマ文書」の報道に携わった女性記者の話題で「マルタとはどれほど恐ろしい国か」とおののいてみせます。

その次の段落で持ち出されるのが「報道の自由度ランキング」。この事件のあった「恐ろしい国」のマルタが47位であることを「なんと72位の日本よりはるかに上位だった」と驚き、ランキングを作った国際ジャーナリスト組織に「日本に対する強い偏見がうかがえる」と結論づけます。

つまりはマルタで発生した1件の記者暗殺事件を持ち出し、そのマルタが日本よりも「報道の自由度ランキング」がはるかに上位だったという理由で、日本のランクが低いことを「日本に対する強い偏見」によるものだと言っているわけです。

これまでBUZZAP!では産経新聞をその報道の実情から「まとめサイト産経新聞」とこき下ろしてきた訳ですが、これではもう「まとめサイト」どころか「まとめサイトに気色ばんでコメントする情弱ネット民」レベルと言うしかありません。

クラウドワークスの単価300円で発注された記事でも、ここまで低レベルな論旨はさすがに弾かれるのではないかと思われますが、産経新聞の顔とも言えるコラム「産経抄」で正規雇用の新聞記者がこれを書いていると考えると驚愕せざるを得ません。

そしてこのコラムの筆者は日本でも1987年5月3日の憲法記念日の夜に、朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入って記者2人を殺傷する「朝日新聞阪神支局襲撃事件」が発生していること、そして犯人は犯行声明で「反日分子の処刑」を掲げた「赤報隊」を名乗る人物であり反日朝日は 五十年前にかえれなどと主張していたことを知らないのでしょうか?

コラムはこの残念すぎる前説を受けて「一部の日本人による日本の評判を落とすための活動が、さらにそれを助長する」と進みます。

そこで挙げられているのが上智大学国際教養学部の中野晃一教授がニューヨークタイムズに寄稿したThe Death of Liberalism in Japanという記事。

コラム内で紹介されている「憲法をないがしろにして軍事力の強化を図る首相の姿勢は、有権者の支持を得ていない。最大野党の分裂のおかげで自民党が勝利するものの、政治はますます民意から離れていく」という内容の説明は概ねそのとおりですが、有権者の支持を得ていない根拠として時事通信のデータが用いられていることは指摘しておくべきでしょう。

しかしコラムはこれらの内容を「随所に左派文化人らしい偏った主張がみられる」としており、「米国人の読者が抱く日本のイメージは、民主主義が後退する国であろう」と危惧してみせます。

ただし実際に9月24日の共同通信の調査で64%の日本人が「国難突破解散」に反対している以上、「民主主義が後退する国」というイメージは単にこのコラムを読んだ「米国人の読者が抱く日本のイメージ」に留まらず、日本人の2/3の率直な感想と考えるのが妥当です。

そして最後はお決まりの従軍慰安婦問題に話を飛ばして「特定の政治的主張だけを取り上げる、国連教育科学文化機関(ユネスコ)には、困ったものだ」「国連を舞台に、実態からかけ離れた慰安婦像を世界にばらまいたのは、日本人活動家だった。何ということをしてくれたのか」と相変わらずのデマを撒き散らしています。

最後に、ユネスコが「問題だらけの慰安婦関連資料」を「登録されたら脱退して組織の抜本改革を突きつけろ」と主張していると紹介された産経新聞の田北真樹子記者は櫻井よしこ、杉田水脈、我那覇真子ら自称保守界隈の錚々たる女性陣と共に言論さくら組なるグループを作り、「歴史戦」をテーマにした番組「前へ、進め!」を制作していたことを指摘しておきます。

【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日

検証 産経新聞報道
検証 産経新聞報道
posted with amazlet at 17.10.19
『週刊金曜日』編
金曜日
売り上げランキング: 48,959

・関連記事
【悲報】まとめサイト産経新聞による「日本」を海外に発信する英語サイト「JAPAN Forward」がやっぱり酷いことに | BUZZAP!(バザップ!)

「恫喝と圧力には屈しない」辻元デマに抗議した民進党に反論の産経新聞、デマだと発覚してもなお開き直る | BUZZAP!(バザップ!)

米極右勢力に幸福の科学が関与、産経新聞との繋がりも | BUZZAP!(バザップ!)

あの産経新聞がやらかした「最もとんでもない誤植」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】産経新聞が新都知事に関する街頭インタビューでのネットデマを裏も取らず記事化→炎上して記事消し逃亡 | BUZZAP!(バザップ!)

デマも捏造もなんでもあり、産経新聞のSEALDsネガキャンがあまりにもひどい | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞に「ヘイトスピーチ」の意味を理解する能力は無いことが判明、国会前デモをデマで攻撃も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加