大阪府立懐風館高校「生まれつき茶髪も金髪の留学生も黒染めしろ、でなきゃ授業も受けさせないし修学旅行にも行かせない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

これはもはや指導ではなく極めて悪質な人権侵害です。詳細は以下から。

大阪府立懐風館高校の黒髪に対する異常なまでの執着と指導を超えた苛烈な黒染めの要求が行われていたことが曝露されました。

この問題が発覚したのは同校3年生の女子生徒が頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こしたため。

10月27日に第1回口頭弁論が行われ「指導の名の下に行われたいじめだ」「黒染めで頭皮や頭髪に健康被害が生じた。身体的特徴を否定され精神的苦痛も受けた」と主張。「高校には生徒が健全に発育できる環境を作る義務がある」としています。

訴状などによると、生徒は生まれつき髪の色素が薄く、中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをした経験を持っています。女子生徒は2015年4月に懐風館高校に入学しましたが、その際に母親は「高校では同じことがないよう配慮してほしい」と伝えていました。

 しかし学校側は染色や脱色を禁じる「生徒心得」を理由に入学後、1~2週間ごとに黒染めを指導、2年の2学期からは4日ごとに指導していました。度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになってゆきました。

黒く染めても教諭から「不十分だ」「黒染めを約束するまで帰さへんぞ」と言われ授業への参加を認められなかったり、「母子家庭だから茶髪にしているのか」と中傷されることもありました。

また指導の際に過呼吸で倒れ、救急車で運ばれたりしたこともあったとされます。文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえず、2016年9月には教諭から「黒染めしないなら学校に来る必要はない」と言われ不登校に追い込まれました。

高校は2017年4月に生徒の名前を名簿から削除し、教室から席も撤去してしまいました。さらに他の生徒や保護者には、退学したと虚偽の説明をしたとのことです。

 学校側は生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明するなど黒髪への執着心は異常なレベル。そもそも自毛からの染色や脱色を禁じる「生徒心得」とも矛盾しており、個人の外見的な特徴を否定して無理矢理変えさせるという明確な人権侵害案件ですが、学校側はそれにすら気付いていない模様です。

先ほどいじめ認知件数が増加したと報じたばかりですが、いじめを止める立場の教師がこれでは話になりません。徹底的にこの高校で行われていたことを司法の場で明らかにし、厳しい裁定が下される必要があります。

損賠訴訟:「髪染め強要で不登校」高3、大阪府を提訴 – 毎日新聞

「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴:朝日新聞デジタル

地毛茶色なのに「黒髪強要」で不登校…修学旅行も「参加認めない」大阪府立高の女子生徒が提訴 – 産経ニュース

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
内藤 朝雄
講談社
売り上げランキング: 20,683

・関連記事
【朗報】いじめ認知件数が43%増加して32万3808件に、文科省の「積極的に認知を」との方針転換の結果 | BUZZAP!(バザップ!)

沖縄県那覇市でいじめ認知件数が13倍に爆増、文科相の「積極的に認知を」との方針転換が功を奏す | BUZZAP!(バザップ!)

「いじめ多数」の学校は積極的に把握して解消に取り組んでいると高評価へ、文科省の異例の方針転換に賞賛の声 | BUZZAP!(バザップ!)

いじめの加害者は健やかに成長し、心疾患やメタボにもなりにくいことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

舌禍が止まらない、自民党議員が相次いで学生時代の「いじめ」エピソードを披露して大炎上に | BUZZAP!(バザップ!)

「与えあうこと」は何をもたらすのか、1分間の動画が教える「利他心」の秘める大きな可能性 | BUZZAP!(バザップ!)

悲しみにくれるゲイの少年、ヒラリー・クリントンが掛けた言葉に世界が揺さぶられる | BUZZAP!(バザップ!)

10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加