世界最大手の中国タクシー配車アプリ「滴滴」が日本上陸、2018年春に第一交通産業と組んで東京でサービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国アプリが日本の配車サービスを圧倒しそうです。詳細は以下から。

シェア自転車の「モバイク」や民泊の「途家」など、中国発の独創的なサービスが日本にも次々と上陸を果たしていますが、この度タクシー配車とライドシェアサービスで世界最大手となる中国の滴滴出行が日本に進出することになりました。

滴滴出行は日本のタクシー最大手である第一交通産業と組んで2018年春にも東京都内で配車アプリ「滴滴」を使ったタクシー配車サービスを始めます。

滴滴の配車アプリの登録者数は世界で約4億4000万人。米ウーバーテクノロジーズの中国事業も買収しており、1日当たりの利用は2100万回以上で配車サービスでは世界最大手です。

滴滴出行はまずは保有台数約8700台で国内最大手となる第一交通と組み、来年春を目処に都内で約500台をアプリ「滴滴」で配車できるようにし、その後は数千台規模に増やす計画。

さらには日本各地のタクシー会社とも連携して全国規模で展開し、日本のネット配車網の主導権を握る考えです。日本では現在もMKタクシーなど一部のタクシー会社が同様の配車サービスを実施していますが、全国規模で複数の会社のタクシーを配車できるとなれば利便性で圧倒することは間違いありません。

2020年の東京オリンピック時には外国人観光客らが「滴滴」を使った配車で会場へと向かう姿が当たり前になるのかもしれません。

中国配車アプリ「滴滴」、来春にも日本でサービス:日本経済新聞

タクシードライバー (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 13,262
ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-09-25)
売り上げランキング: 4,631

・関連記事
中国もガソリン車禁止へ、欧州に追随でEVへのシフトが鮮明に | BUZZAP!(バザップ!)

世界大学ランキングで東大が過去最悪の46位に転落、中国などに遅れを取る事態に | BUZZAP!(バザップ!)

赤字続きで縮小するジャパンディスプレイ、天馬やBOEなどの中国メーカー傘下になる可能性 | BUZZAP!(バザップ!)

旦那&彼氏をショッピング中に「保管」しておけるサービスが中国で誕生 | BUZZAP!(バザップ!)

傘とレインコートが中国で脅威の悪魔合体を果たし、革命的な雨具が誕生 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加