日本の男女格差ついに114位に、過去最低を2年連続更新でますます「女性が輝けない国」に

このエントリーをはてなブックマークに追加

「すべての女性が輝く社会づくり」は進展どころか後退していることが明らかになりました。詳細は以下から。

ダボス会議で知られるスイスの「世界経済フォーラム(WEF)」は11月2日に世界各国の男女格差を比較した2017年版の報告書pdf)を発表しました。

BUZZAP!では昨年、日本の男女格差が前年から10ランクダウンの111位で過去最低となったことをお伝えしましたが、今年も続落して2年連続で過去最低を更新してしまいました。

日本は昨年から3位順位を落として144ヶ国中114位。これは主要7ヶ国(G7)では最下位で、インドや中国、スリランカ、ネパールといったアジア諸国よりも低く、日本より低いのは118位の韓国、124位のブータンくらいとなっています。

(クリックして拡大)

日本よりも順位の低い国はアフリカ諸国やイスラム系国家がほとんどを占めており、昨年112位で日本のひとつ下だったカンボジアも今年は99位まで上昇しています。

格差の分野別で見ると、経済は118位から114位に、教育は76位から74位に上昇していますがいずれも低水準で、政治分野に至っては103位から123位へと急落しています。

高等教育への進学における格差や、結婚・出産に絡んでキャリアの断念を迫られる問題などが依然として存在しており、男女格差の改善の障害になっている事が分かります。

安倍政権は2014年から「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げていましたが、昨年過去最低を記録した後も実効性のある対策が行われていなかった事が明らかになってしまいました。

日本114位、過去最低 世界の男女平等ランキング:日本経済新聞

OECDジェンダー白書 -今こそ男女格差解消に向けた取り組みを!-
OECD
明石書店
売り上げランキング: 828,304

・関連記事
日本の男女格差、10ランクダウンの111位で過去最低、世界底辺レベルの「女性が輝けない国」に | BUZZAP!(バザップ!)

「保育園落ちた日本死ね!!!」からの塩崎厚労相への署名27000筆提出に見る「政治利用」の大切さ | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも的外れ、配偶者控除見直しで「女性の社会進出」は進まない | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】総務省がICT分野での女性活躍支援の「ICT女子プロジェクト」を盛り上げる「ICT48」を「13歳~24歳に限り通信・交通費は自腹」で募集 | BUZZAP!(バザップ!)

女性のIQスコアが男性を追い越しつつある、という研究結果が発表される | BUZZAP!(バザップ!)

女性参政権を主張するフェミニストを危険視し、誹謗中傷した20世紀初頭のポストカード | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加