超コスパスマホ「Xiaomi Mi A1」が再び最安値に、ZenFone 3と同性能のXiaomi Redmi Note 4Xはたった1万円強

このエントリーをはてなブックマークに追加

Xiaomi初のAndroid Oneスマホで、デュアルカメラなどを惜しげなく備えたにもかかわらず高性能な「Xiaomi Mi A1」が、再び過去最安クラスに値下がりしました。詳細は以下から。

◆Xiaomi Mi A1
まずは「Xiaomi Mi A1」。450nitの明るさを実現した5.5インチフルHD(1920×1080)低温ポリシリコン液晶を搭載。MIUIでなくAndroid 7.1スマホのため、何もしなくても最初から日本語が使える点もアドバンテージです。

Snapdragon 625、4GB RAM、64GB ROM、3080mAhバッテリーを搭載。基本性能は十分です。

今まで国内で販売されてきたどのAndroid One端末とも違うのがこのデュアルカメラ。高速でピントが合うPDAF(像面位相差オートフォーカス)対応で、いずれも1200万画素。iPhoneのPlusシリーズと同じく、光学2倍ズームで撮影できます。

音質にもこだわっており、Type-C端子とは別にちゃんとヘッドホン端子があります。

技適マークの問題があるものの、3G(W-CDMA:Band B1/B2/B5/B8)、4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B20、TD-LTE:B38/B40)に対応しており、DSDSも利用可能。国内ではソフトバンク/ワイモバイルのネットワークと相性が良いようです。

性能的には5万円台で販売されている「Zenfone Zoom S」と変わらない上に、最新のAndroidを使える点がアドバンテージのXiaomi Mi A1。以下の通販サイト「Banggood.com」ではログイン後、クーポンコード「1111MiA1」適用で2万3693円にまで値下がりします。

Xiaomi Mi A1 MiA1 Dual Rear Camera 5.5 inch 4GB RAM 64GB Snapdragon 625 Octa core 4G Smartphone Sale – Banggood.com

◆Xiaomi Redmi Note 4X
続いては「Xiaomi Redmi Note 4X」。5.5インチフルHD(1920×1080)IPS液晶を搭載したモデルで、画面占有率72.3%を実現しています。

Snapdragon 625、3GB RAM/32GB ROMを搭載。基本性能はZenFone 3と同じです。

デュアルLEDフラッシュ採用のF2.0、PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応の1300万画素背面カメラ、F2.0、広角85度の500万画素前面カメラを搭載。バッテリー容量はZenFone 3(2650mAh)を大きく上回る4100mAhです。

技適マークを取得していない点に注意が必要ですが、3G(W-CDMA B1/B8、CDMA2000/1X BC0)、4G(FDD-LTE B1/B3、TD-LTE B41)およびIEEE802.11 802.11 b/g/n(2.4 GHz+5GHz)対応無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に対応しています。

デュアルカメラでない、メモリやRAM容量が「Xiaomi Mi A1」より多少少ないなどの点はあるものの、性能面では決して悪くないXiaomi Redmi Note 4X。クーポンコード「1111N4X16」適用で、たった1万3248円で購入できます。

Xiaomi Redmi Note 4X Fingerprint 5.5-inch 3GB RAM 16GB Snapdragon 625 Octa-core 4G Smartphone Sale – Banggood.com

◆Lenovo ZUK Z2 PRO
さらに高性能を求めるのであれば「ZUK Z2 Pro」。NTSC比100%、コントラスト10万:1、500nitの超高画質な5.2インチフルHD(1920×1080)有機ELディスプレイを備えたハイエンドモデルで、前面にF2.0/ピクセルサイズ1.4マイクロメートル/78.9度の広角800万画素カメラを備えています。

Snapdragon 820に6GB RAM/128GB ROM(UFS2.0、5.8Gbps)を搭載。microSDカードスロットはありませんが、スマホ本体に高速かつ十分な容量のストレージを備えているため、特に困ることはありません。

背面にはF1.8、光学/電子手ブレ補正付きの77.8度広角1300万画素カメラを搭載。1.34マイクロメートルのピクセルで光を取り込みやすく、デュアルLEDフラッシュも備えています。ちなみにバッテリー容量は3100mAhです。

コネクタにはType-C(USB 3.1)を採用。技適マークを取得していない点に注意が必要ですが、IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LAN、 BLE対応のBluetooth 4.1などを備え、3G(W-CDMA、CDMA2000)・4G(FDD-LTE、TD-LTE)をサポートしています。

なお、ZUK Z2 PROの本体価格は3万1845円。格安スマホのエントリーモデルと変わらない価格で、ハイエンドモデルを手に入れることができます。

Lenovo ZUK Z2 Pro 5.2 inch 6GB RAM 128GB ROM Snapdragon 820 2.15GHz Quad-core 4G Smartphone Sale – Banggood.com

・関連記事
国内版より完成度の高いシャープの格安スマホ「AQUOS S2」が安価で放出中 | BUZZAP!(バザップ!)

安さと実用性を追求したタブレット「Teclast P10(tPad)」レビュー、思いがけない便利機能も | BUZZAP!(バザップ!)

超広角+望遠クアッドカメラに6GB RAM、フレームレスな格安スマホ「DOOGEE MIX 2」発売 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi6」が格安スマホと並ぶ価格に値下がり、どう見てもSurfaceな人気タブレット「SurBook」なども割安に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加