「au HOME 発表会 with au 2017 冬モデル」まとめ、12月が怒濤の新機種ラッシュに

このエントリーをはてなブックマークに追加

auが2017年冬モデルを発表しました。iPhone Xとのバッティングを避けた関係からか、12月に怒濤の新機種ラッシュとなるようです。詳細は以下から。

◆速報、レビュー記事
大画面有機EL+高画質デュアルカメラ+高音質な「isai V30+ LGV35」速攻レビュー、isai vividユーザー待望の後継機に | BUZZAP!(バザップ!)

auの2017年版「GRATINA(KYF37)」は通話機能を強化、「あとから録音」で通話内容を丸ごと保存も | BUZZAP!(バザップ!)

ワンプッシュオープン&大容量バッテリーの「AQUOS K SHF34」レビュー、防水に加えて防塵・耐衝撃も | BUZZAP!(バザップ!)

USB PD 2.0対応で27W出力の「Type-C共通ACアダプタ02」登場、auの充電器が大幅進化 | BUZZAP!(バザップ!)

◆発表会の様子
登壇したのはKDDI株式会社 執行役員常務 商品・CS統括本部長 山本泰英氏。「誰でも手軽に始められるホームIoT」を目指し、セキュリティ分野などからスタートさせたau HOMEですが、よりライフスタイルに根ざした方向へと、サービスを加速させます。






そのためにまず消費電力を測定できる「スマートプラグ01」「赤外線リモコン01」を追加。



Google Homeと組み合わせることで、Google Homeではカバーできないエアコンをはじめとした赤外線対応機器の操作も可能になります。

auひかり以外のユーザーでも「au HOME」が利用できるようになるほか、自宅にWi-Fi環境がないユーザーには、Qua Stationがゲートウェイとして活躍してくれるようになります。

「with HOME」として他業種との連携も促進。

au HOMEを下支えする2017年秋冬モデル達も発表されました。

まとめるとこんな感じになります。

◆ぶっちゃけ、au HOMEってどうなの?
上記の内容だけだとピンと来ない人のために、au HOMEのサービスをまとめてみました。赤外線リモコン01とGoogle Homeの連携で大半の家電を操作できるようになるあたり、かなり将来有望な気もします。

Google Homeとも連携できるau HOME、「結局何ができるの?」を動画や写真で解説してみた | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
格安iPhoneに異変、ワイモバイル版「iPhone 6s」よりauの「iPhone 8」が安くなる異例の事態に | BUZZAP!(バザップ!)

毎晩激遅になるフレッツ光の代わりにWiMAX 2+ホームルーター「novas Home+CA」を指名買いすべきワケ | BUZZAP!(バザップ!)

本体価格13~15万とべらぼうに高い「iPhone X」月額料金を比較、最も安く使えるのはauでした | BUZZAP!(バザップ!)

auがAndroid 8.0アップデート対象機種公開、isai Beatが外れてTORQUE G03が対象に | BUZZAP!(バザップ!)

auが256QAM採用で下り最大708Mbpsに高速化、WiMAX 2+は558Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

さようならezweb、KDDIが新メールドメイン「au.com」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがウェブメディア「HiNT! by au」立ち上げ、日々の暮らしにヒントを与える内容に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加