「ガチャはギャンブルだ」とベルギー当局が結論、全ヨーロッパでの禁止も求める

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Arjan

日本ではお馴染みのガチャですが、ヨーロッパから見ると「ギャンブル」になってしまうようです。詳細は以下から。

スマホゲームといえばなくてはならないというレベルで実装されている「ガチャ」。日本では「コンプガチャ」は未成年が親のクレジットカードで多額の課金を行う事件などが発生して2012年に消費者庁によって禁止されましたが、「ガチャ」は今現在も主流です。

しかしヨーロッパの認識は違っていました。ベルギーの賭博委員会はゲーム「オーバーウォッチ」「スターウォーズ バトルフロント2」に実装されている日本のガチャに当たる「loot box」がギャンブルであるかどうかの調査を行っていましたが、この度「ギャンブルである」との結論を出しました。

賭博委員会は「金と依存を混ぜ合わせたものがギャンブルだ(The mixing of money and addiction is gambling)」と指摘。ベルギーのKoen Geens法務大臣も「若者にとっては、ギャンブルとゲームの混合物は精神衛生上極めて危険だ」と述べています。

Geens法相は誌との不明確なゲーム内課金の根絶を望んでおり、禁止の動きをヨーロッパ全土にまで広げたいと考えているとのこと。

家庭用ゲームソフトであれば定額購入が当たり前で、PC上のオンラインゲームも月額課金が基本とされていましたが、「ガチャ」による課金はユーザーによっては1ヶ月に数万円から数十万円を費やす場合もあります。

「ガチャ」が極めてボロい商売であることは間違いありませんが、射幸心を煽るこうした手口がどこまで許容されるべきものなのか、今後議論が広がることになりそうです。

Belgium says loot boxes are gambling, wants them banned in Europe _ PC Gamer

(Photo by Arjan

バンダイ公式 ガシャポンマシン
バンダイ (2016-08-12)
売り上げランキング: 568

・関連記事
ゲーム機が合体したニンテンドー3DS LLサイズの超小型パソコン「GPD WIN」がさらに値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

最新型「AlphaGo」がわずか3日の「独学」で従来型「AlphaGo」に100勝0敗で圧勝 | BUZZAP!(バザップ!)

旦那&彼氏をショッピング中に「保管」しておけるサービスが中国で誕生 | BUZZAP!(バザップ!)

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が10月5日発売、「マリオワールド」「ストII」「聖剣伝説2」など21タイトルを収録も「マザー2」は外される | BUZZAP!(バザップ!)

ポーカーのプロにAIが圧勝、見えないカードを「直感」でカバー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加