Appleが2万円台の「廉価版iPad」発売か、9.7インチモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone SEで廉価版iPhoneの市場を確立したAppleが、iPadでも廉価版を発売する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleは2018年第2四半期に9.7インチモデルの廉価版iPadを発売することを検討しているそうです。

これは四半期あたり1000万台のタブレット出荷台数を維持するためのもので、部品メーカー関係者によると製造はCompal Electronicsが担当し、販売価格は259ドル(約2万9000円)程度になるとのこと。

Appleが廉価版iPadを投入することで、SamsungやAmazon、Huawei、Lenovoなどの第一線で活躍するタブレットメーカーの間で、新たな価格競争が起こると予想されています。

スマホに比べて需要が低く、製品のライフサイクルも長くなりがちなこともあって、タブレット市場はすでに成熟化を見せており、iPadおよびAndroidタブレットの出荷台数は減少中。

シェアの小さいメーカー各社はすでに市場から撤退しているほか、中国メーカー各社もIntelのモバイル向けAtom撤退および補助金の停止を受け、ほかの製品へとラインを移しています。

なお、廉価版iPadの投入に合わせて、Appleは一般消費者だけでなく産業やサービス分野での需要を掘り起こす方針。価格競争にとどめず、「何かできるか」という部分で勝負をかけるようです。

・関連記事
「iPad mini Pro」投入も?タブレット市場先細りの中、メーカーの生き残り戦略が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

安さと実用性を追求したタブレット「Teclast P10(tPad)」レビュー、思いがけない便利機能も | BUZZAP!(バザップ!)

かつてのNexus 7並にお買い得な「Lenovo TAB3 8 Plus」レビュー、高性能・高精細・高音質で1万円台の超コスパを実現 | BUZZAP!(バザップ!)

「ノートパソコンに将来は無い、戦犯はMSとIntel」、メーカー幹部が悲壮感をあらわに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加