「Amazonプライムナウでホームレスに生活必需品を届ける方法」の動画が大きな話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒空の下で過ごすホームレスにAmazonのサービスを使ってプレゼントを送る方法を示した動画が話題です。

街はクリスマス一色。ですがこの厳しい冬の寒さの下で家もなく過ごしているホームレスが大勢います。

そんな人々にAmazonプライムの1時間以内に対象商品を配送するサービス「プライムナウ」を使って生活必需品をプレゼントする方法の動画「How to Hijack Amazon Prime Now for Good」が大きな話題になり、公開から1日で100万以上のPVを叩き出しています。

この動画ではプライムナウの機能を用いてどうやってホームレスの人々に彼らが必要とするものを送るかを描いています。映像ディレクターである投稿者のRob Blissさんはホームレスに話掛けて必要なものが何かを尋ねます。

そしてAmazonのプライムナウアプリで彼らが必要とするものを選択、ホームレスのいる場所の住所を届け先にして備考欄で「荷物をジャックに渡してくれ。この住所の外で茶色のジャケットを着て座ってる灰色の髭の男だ」のように追記します。

さて、Amazonの配達員たちはいったいどのように対応したでしょうか?ぜひ動画で結末を確認してみてください。

How to Hijack Amazon Prime Now for Good – YouTube

驚いた顔のホームレス、「Happy Holidays!」と笑顔で荷物を渡すAmazon配達員、街に流れるクリスマスソング。Blissさんは「私は単に誰かが必要としている物を届ける事がいかに簡単かを示して後押ししたかっただけなんだ。これは技術的に誰にでもできることだ」としています。

また、Blissさんは「この映像はAmazonがスポンサーなわけでもアフィリエイトを使っているわけでもない」と注釈を付けています。

Amazon Japanがこうした配達を実行してくれるのかは不明。ですが、クリスマスを理由にした馬鹿騒ぎとこの行いのどちらが本来のクリスマスの意図に近いのでしょうか?

Using Amazon Prime Same Day Delivery to Help Homeless People in Desperate Need of Basic Items

スモーク デジタルリマスター版 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2017-12-20)
売り上げランキング: 856

・関連記事
「世間には謝らない、嫌な人は見なければいい」世界一のクリスマスツリーProjectがさらなる燃料投下 | BUZZAP!(バザップ!)

泣き寝入りは不要「バイト先でクリスマスケーキやお歳暮、おせちの自腹購入を強要されたら?」への答えが大反響 | BUZZAP!(バザップ!)

ポール・マッカートニーが1965年のクリスマスに「メンバー3人のためだけ」に作ったDJミックス音源 | BUZZAP!(バザップ!)

おじいちゃんが初心者向け英語教材を買った理由とは?ポーランドのとあるクリスマスCMが世界中で感動の大反響に | BUZZAP!(バザップ!)

クリスマスツリーを飼い猫から守り抜く10の方法 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加