「GPD WIN 2」正式発表、Core mに8GBメモリと128GB SSD(換装可)搭載で携帯型モンスターマシンに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドヘルドPCとしてかなり完成度の高かった「GPD WIN」の後継機種が正式発表されました。詳細は以下から。

これがGPD公式アカウントによって公開されたGPD WIN 2本体。初代が5.5インチだったのに対し、視野角178度を実現した6インチのシャープ製インセルHD(1280×720)液晶や、初代比でシングルコア性能4倍、マルチコア性能2倍でCore i7-3770Kに匹敵する「Intel Core m3-7Y30」、8GB LPDDR3メモリ、128GBのM.2 2242タイプSSDを搭載しています。ぶっちゃけハンドヘルド機の性能ではありません……

底面ファンによって本体温度を39度程度に保つことができる上、SSD換装も可能。4900mAhのリチウムポリマーバッテリーを2つ備えていますが、PD 2.0によって30分で50%充電可能。バケモノのようです。

ボタン周りの配置が変更されたほか、USB Type-CおよびUSB 3.0端子、microSDカードスロット、microHDMI端子などを搭載。拡張性も相変わらず充実しています、

キーは少しレイアウトが変更。アルプス電気製のアナログスティックなど、こだわりは相変わらずです。

マグネシウム合金フレーム部分に使ったカバーによって耐落下性能も向上。

ゲーミングマシンとして完成された、ちょっと突き抜けた仕様のハンドヘルドPC。それがGPD WIN 2です。

なお、気になる発売時期は2018年1月。年明け早々、とんでもないマシンが来ます。

・関連記事
ポケットサイズの超小型ノート「GPD WIN」レビュー、ゲームも楽しめるまさに名機 | BUZZAP!(バザップ!)

MacBookライクな超小型ノート「GPD Pocket」レビュー、格安なのに高級感ある作り込まれたモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

まるでVAIO Uや工人舎ノート、モバイラーを虜にする超小型PC「GPD WIN」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加