人類が生み出す「光害」がどれほど夜空を汚染しているか分かるショートムービー

このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい夜景が私たちから奪っているものを克明に映し出しています。詳細は以下から。

毎晩私たちの頭上に広がる夜空。晴れていればそこには無限の宇宙が広がり、数え切れない星々を眺められるはずでした。

しかし人類が文明を築き上げ、暗闇を電気の光で照らし始めてから、そんな星空は「光害」によって私たちの目には少しずつ見えなくなっていったのです。

いつしか都会では、人工的な光に満たされた夜景を楽しむ事はできても宇宙の神秘を感じ、何万光年彼方の星々の光を感じる事はできなくなり、天の川を普通に肉眼で見られることを知らない子どもたちが珍しくなくなったのは何十年前のことだったでしょうか。

その「光害」はいったいどれほどに夜空を汚染し、星々を覆い隠しているのかを如実に示す動画が公開されています。それが映像作家のSriram Muraliさんが2016年と2017年にアメリカ合衆国で撮影したLost in LightLost in Light IIというタイムラプスムービー。

「Lost in Light」はカリフォルニア州で天の川をテーマに撮影され、「Lost in Light II」はアメリカ合衆国全土でオリオン座をテーマに撮影されています。どちらの作品も光害レベルの酷いところから徐々に低いところに撮影場所が移っていきます。

Lost in Light – YouTube

Lost in Light II – YouTube

都市の夜を彩るまばゆいばかりの電気の光は文明の象徴であり、かつて私たちの祖先が恐れた漆黒の夜を征服した証なのかもしれません。ただし私たちはもう震えながら暗闇に潜む捕食者を恐れる存在ではなくなり、限りない宇宙は恒星間航行に挑もうとする私たちの新たなフロンティアです。

もう少し私たちは星空との距離を縮めてもいいのではないでしょうか?

Stunning Timelapses Showing How Night Skies Are Affected by Light Pollution Across the United States

HOMESTAR Classic (ホームスター クラシック) メタリックネイビー
セガトイズ (2013-03-29)
売り上げランキング: 108

・関連記事
これはUFOだと思うわ…SpaceXのFalcon9打ち上げタイムラプス映像が幻想的すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

2009年の冬、北欧の空に突如現れた光る渦巻き「ノルウェースパイラル」を知っていますか? | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】銀河系を遙か遠く離れて見た宇宙の姿はこうなっている | BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】チリ政府がUFOの映像を公開、2014年に海軍ヘリが遭遇し撮影 | BUZZAP!(バザップ!)

思わず息を呑む美しさ、闇夜に星々が輝く「宇宙の瞳」を持つフクロウが保護される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加