「フェイクニュースに騙されやすいのは自分より政治的に逆の立場の人だ」と多くの人が考えがちなことが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分だけはフェイクニュースに騙されないと思うのは危険です。詳細は以下から。

アメリカ合衆国でも日本でも大きな問題になっているフェイクニュース。根も葉もないデマを著名人やメディアが堂々と吹聴してファクトチェックが追いつかず、指摘されても謝罪も撤回もしないどころか居直ってみせるという恥知らずな態度が蔓延していることはご存じの通りです。

ではいったい何がフェイクニュースなのか。騙されているのは誰で、自分は本当に大丈夫なのか。立ち止まって考える時に人はどうしても「自分は騙されることはなく、政治的に自分と異なった立場の人が騙されている」と考えがちなことが明らかにされています。これは非常に危険なことです。

サウスカロライナ大学のS. Mo Jang博士がジャーナル「Science Direct」に発表した研究によると、フェイクニュースに触れた人に「メディアなどで説得的な情報さらされた時、自分自身よりも他人の方が大きな影響を受けやすいと考えてしまう」という第三者効果が起こります。

この第三者効果はメディアが人々に及ぼす影響に関する仮説ですが、これがフェイクニュースに関しても発生するとのこと。

Jang博士の行った実験では1299人のアメリカ人に対し、自分自身と民主党支持者、共和党支持者においてフェイクニュースにどの程度影響されたと認識しているかを調査しました。

この結果、自分と同じ集団と違う集団に対し、フェイクニュースの影響がどれほど大きいかという認識は大きく異なっていました。

共和党支持者は民主党支持者が自分や共和党支持者よりもフェイクニュースの影響をより強く受けていると考え、同様に民主党支持者は共和党支持者の方が自分や民主党支持者よりもフェイクニュースに影響されていると信じ込んでいたのです。

この傾向はどちらの党においても熱烈な支持者になるほど強まりました。そして通常であれば第三者効果を受けた人はメディア規制を強く支持するのですが、この研究では強く第三者効果を受けた人はフェイクニュース規制を支持しませんでした。

Jang博士はこの理由を人々は言論の自由が他人の「愚かさ」によって規制されることを望まないからだと分析します。つまり人々はフェイクニュースが自分以外の他者に影響を与えると認識した時、それらの他者を「教育」する方が自分たち全員の言論の自由を規制するよりも合理的だと考えているからだということ。

「フェイクニュースとの戦いについての議論の多くがフェイクニュース自体の重要性の代わりに公共や社会が受ける影響をベースになされている。フェイクニュースそれ自体がもたらす影響に対してより多くの力が向けられるべきなのに」とJang博士は警告しています。

これはアメリカ合衆国での議論であり、日本に直接当てはめるわけにはいきません。ですが、自分や自分と同じ考えの人はフェイクニュースに騙されにくく、違う考えの人は「馬鹿だから踊らされている」と無邪気に考えてしまう傾向が自分を含めた全ての人間にはあるのだということはよく覚えておく必要があります。

ファクトを自らチェックせずに「それっぽいニュース」をリツイートしたりシェアしたこと、あなたは本当にありませんか?無自覚のうちに自分もフェイクニュースの拡散源になっている可能性には常に自覚的である必要があります。

もちろんそれ以前にフェイクをフェイクと知りながら敵を攻撃するために自分に都合のいいように切り貼りして垂れ流す行為は断じて許されるべきではありませんし、例え自分と近い考え方だとしても二度と信用しない程度の情報リテラシーは持っておくべきでしょう。

People view their political opponents as being more influenced by fake news than themselves, study finds

「ポスト真実」の時代  「信じたいウソ」が「事実」に勝る世界をどう生き抜くか
津田大介 日比嘉高
祥伝社
売り上げランキング: 207,402

・関連記事
産経と幸福の科学が目論んだ自称保守系イベントでのスティーブン・バノンの招聘に踊らされた人々 | BUZZAP!(バザップ!)

デマと誹謗中傷まみれのTOKYO MX「ニュース女子」沖縄基地問題特集にBPOが「重大な放送倫理違反」 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党の大学無償化が頓挫、NHKは「後払いのツケ制度」を「在学中は授業料無償化」とフェイクニュース拡散 | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園の獣医学部が韓国留学生パンフにノーベル賞学者を「輩出」とデマ→毎日新聞に指摘され削除へ | BUZZAP!(バザップ!)

netgeekやアノニマスポストが「泉放送制作のせいで民放が偏向報道」デマ記事をこっそり削除、自称保守界隈が爆釣だったことも明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Netgeekのデマ記事の拡散呼びかけで謝罪に追い込まれた自民の長尾敬議員、即座に南京大虐殺否定ツイート | BUZZAP!(バザップ!)

「安保反対デモの規模小さくしたかった」と他人の娘の写真を無断転用したデマ投稿者、特定され示談で謝罪 | BUZZAP!(バザップ!)

国会で虚偽答弁を繰り返す稲田防衛相、ロッキード事件でおなじみの「記憶にない」を発動 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加