「ToDoリスト」を寝る前に書くと、寝付きが良くなります

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッドに入ってもなかなか眠れない…という人は試してみるとよいかもしれません。詳細は以下から。

早く眠りにつくための方法は睡眠薬から運動まで数限りなく提示されてきています。ですが、この方法だとほんの5分ほど手を動かすだけで効果が発揮されるとのこと。それは勉強や仕事の時に用いる「ToDoリスト」という意外なものでした。

アメリカ合衆国テキサス州のベイラー大学が主導した研究によると、寝る前に5分間ほど掛けて「これからやろうとしていること」について記述した人は平均で9分ほど早く寝入っていたことが明らかになりました。

せっかく寝る時に翌日の仕事や勉強のことを考えたら眠れるものも眠れなくなりそうな気がしますが、研究者らにしても理由はよく分からないとのこと。

実験は18歳から30歳の57人の健康な大学生を被験者として行われました。被験者らは2つのグループに分けられ、ひとつのグループはいわゆる「Tooリスト」に当たる未来の予定を、もうひとつのグループは「日記」のようなここ数日にやったことのリストをそれぞれ眠る前に書き記しました。

同時に被験者らからは睡眠ポリグラフによって脳波や血中の酸素レベルといった生理学的なデータも採取しています。これらのデータから、「ToDoリスト」グループは「日記」グループよりも平均で9分間早く寝付くことができていたことが判明。

しかも、より詳細な「ToDoリスト」を書いた人ほど早く眠りについていたことが分かりました。一方詳細な「日記」を書いた人ほど寝付くのが遅くなっていたとのこと。

心の中だけにしなければならないことを溜めておくよりも、リストにして吐き出した方が気が楽になる…ということなのでしょうか?

もちろんこれは健康な若者を対象とした実験で、中高年層や既に睡眠障害を煩っている人は対象となっていないため、誰にでも適用できるとまで言うことはできません。

ですが、ちょっと寝付けないと思っている人は備忘録だと思って一度試してみてもいいかもしれません。

Writing A To-Do List Before Bed May Help You Fall Asleep Quicker _ IFLScience

・関連記事
よりよい睡眠のため、意識すべき5つのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

しっかり睡眠をとると脳内に蓄積された有害物質が排出されることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

寝る前のスマホで起きる睡眠障害、意外な方法で改善することが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ビタミンDサプリが睡眠障害に効果がある」という研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

睡眠不足によってジャンクフード欲がブーストされることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加