Wikipediaの「エンゲル係数」が首相答弁の翌日に「重要度低下」と改ざんされていた問題について

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな話題となっているエンゲル係数ですが、Wikipediaが首相答弁の翌日に改ざんされていたことが明らかになりました。詳細は以下から。

◆「エンゲル係数」答弁翌日のWikipedia改ざん
BUZZAP!でも2月1日にエンゲル係数が上昇しても景気回復、安倍首相が斬新すぎる新解釈を披露と題して1月31日の首相答弁について取り上げました。

この国会答弁では高校生でも知っているエンゲル係数が29年ぶりの高水準となっていることが取り上げられましたが、その答弁の翌日である2月1日にWikipediaの「エンゲル係数」の項目が大幅に書き換えられていたことがツイッターユーザーのHOM55(@HON5437)さんのツイートによって明らかになりました。

◆小説を出典としたあまりに稚拙な文章とその影響
改ざんが行われたのはWikipediaの変更履歴によると2018年2月1日 (木) 01:24。これはグリニッジ標準時であるため、日本時間では9時間足して2018年2月1日 (木) 10:24ということになります。なお、現在は既に改ざんは破棄され、編集がロックされています。改ざん以前の記述はこちら

そして改ざん後の記述はこちら。大幅に書き換えられている事が分かります。

その文中には「重要度が下がっている」「以前ほど重要視されてはいない」「必ずしも役だたなくなった」など、これでもかとエンゲル係数の重要度を毀損するような記述が盛り込まれています。

段落分けもできておらず、要旨をまとめることもせずにだらだらと書き連ねている上に句読点すら打ち間違いの見られる極めて雑な文章である事が一読して分かります。

ではいったいこの与太話の根拠はなんなのかというと、出典として示されているのが『貯金兄弟』p232竹内謙礼, ‎青木寿幸、 2015年』」という「マネー戦略SFノベル」を謳う小説。

古典的な経済論文に対して小説の記述を引用して反論できると思っている辺りはあまりに幼稚すぎ、単なる愉快犯かと思ってしまいそうなところです。当然ながらこの改ざんは即刻「小説をソースに書かれることではない」として変更は破棄されています。

既に1月31日の夜の時点からエンゲル係数に対する安倍首相の独自解釈は炎上を始めていたこともあり、この改ざんは何らかの「火消し」ではないかとの指摘が当然ながら相次ぎます。

実際問題としてエンゲル係数をGoogle検索した場合に1ページ目のトップにヒットするのはこのWikipediaであり、サイト自体知名度からもエンゲル係数の内容をもう一度調べようと検索した人が最初に見る可能性の非常に高いもの。

つまり複数のサイトの記述を比較検討して成否を確認するという習慣を持たない人に対しては、Wikipediaの改ざんされた記述だけで「エンゲル係数はもう大して役に立たない時代遅れの指標だ」という印象操作を行うことが十分に可能です。

◆改ざん者の特定とアカウントの動き
なお、Wikipediaの改ざんを行った利用者であるBratslaxly投稿記録を見ても今回のエンゲル係数のもののみで、登録も2018年2月1日 (木) 00:52(つまり日本時間で9:52)となっており、この改ざんのためだけに新しく作られたものでした。

ここでHOM55さんへのコメント欄などから改ざんを行ったと見られるツイッターアカウントが「発掘」されます。それが某有名スマホゲームの登場人物の名前とアイコンを使用したもので、登録時期は2018年1月となっており最初のツイートは1月30日。

FXやスマホゲーム、漫画やアイドルについて無難なツイートをしている中、「Wikipediaのエンゲル係数の概要を修正しておきました。考えが古いままになっていたので。」と2月1日16:35に発言しています。これは改ざんが行われたおよそ6時間後のこと。さらに16:53には「英語版のWikipediaのエンゲル係数もGoogle翻訳使って追記しておきました。」とも発言。

実際に英語版WikipediaのEngel’s lawのページも2月1日7:52(日本時間では16:52で上記発言の1分前)に改ざんされています。その追記内容も実にGoogle翻訳を使っただけの極めて拙いもので、30分後にはこの改ざんも破棄されています。

こちらは153.168.73.202という利用者名(というかIP)で改ざんされていますが、この利用者は日本版のWikipediaで再び2月1日07:32?(日本時間では16:32)「近年の情勢を踏まえ、修正をしました。」として英語版と同内容の日本語でしょうこりもなく改ざんを行い、「デタラメ書き加える前に出典付けろ。」と再び一蹴されています。

これらのことから上記ツイッターアカウントとBratslaxlyと153.168.73.202は同一人物と推測することもできそうです。

◆単独か組織か
なお、この一連の書き込みが組織的に行われた「火消し」なのか、単に安倍首相の珍発言をフォローしたいと考えた支持者の独力での改ざんなのかは現時点では不明です。急ごしらえのアカウントで小説を出典として稚拙な文章でWikipediaを書き換えるという行動の幼稚さを考えれば、これが組織だった改ざんとは考えにくいもの。

ただし逃げ道として架空の間抜けな自称経済通のアカウントをでっちあげ、その人物が勝手にやったことにすれば誰も泥を被ることなくGoogle検索最上位のWikipediaを改ざんできてしまう事も事実です。

ところで自民党には会員数約1万9000人にも及ぶ自民党ネットサポーターズクラブ」(J-NSC、ネトサポ)というネット上で主に活動する公認支援組織があり、規約にも「インターネット等を活用した各種広報活動・情報収集活動・会員相互の交流活動」と明記されているように、ツイッターなどのSNSを始めとしたネット上での自民党の支援活動を広く継続的に行っています。

この組織に関しては毎日新聞が2017年の衆院選前の10月6日に開催されたJ-NSC総会を取材した際の質疑応答での異様なやり取りを記事にしています。

ある男性サポーターが「希望NO党」「一見民主党」などの表現は誹謗中傷か、と質問。自民党ネットメディア局長でJ-NSC代表の平将明前衆院議員が「パロディーだからOKだと思います」と答え、笑いが起きた。別の男性が野党の代表と中国・人民解放軍兵士、女性候補と慰安婦のコラージュを投稿したと説明。問題はあるかとの問いに平氏は「個人のご判断だと思います」。会場に再び笑いが起きた。

衆院選:安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」 – 毎日新聞より引用)

J-NSCメンバーが実際に上記のような書き込みをネットに行ったとしても、規約第8条に自己責任の原則があり、「会員は本会の活動を自己の責任と負担において行うものとする。本会の活動に要する費用、及び本会の活動に関連して会員と第三者との間に生じた損害または紛争に関して本会は責任を負わないものとする」としており、自民党本体はサポーターが何をしでかしても自己責任の名の下に無関係を装える形になっています。

つまり、個人で判断して自己責任で書き込むのであれば、上記のようなヘイトスピーチも「個人のご判断だと思います」で笑って済まされるという認識の組織であるということは改めて指摘されておくべき事実でしょう。

◆結論
今回のWikipediaの改ざんが誰によってどのような経緯で行われたのかは不明なままです。ジョージ・オーウェルのディストピア小説「1984年」の真理省のような過去改変が組織的に行われたという想像は極めて恐ろしいものですが、そんな組織がなくとも国民が自ら進んでこうした記述を個々に書き換えてしまうとしたら、それもまた違った非常に恐ろしい現象と言えそうです。

なおこの改ざん以外にも、唖然とすることに安倍首相の発言に絡めてエンゲル係数が高くなったからといって貧困化しているとは言えないと安倍首相を擁護する発言がネット上では相次いでいます。

最後に2013年2月20日、第2次安倍政権とアベノミクスが始まって3ヶ月目の参議院予算委員会での共産党の大門議員と安倍首相のやり取りを参照して見ましょう。

○大門実紀史君 今日は、物価と賃金の問題について質問をいたします。(資料提示)
 パネルの下の方を御覧いただきたいんですけれども、昨日、最新のエンゲル係数、2012年の数字が発表されました。エンゲル係数というのは、もう御案内のとおり、家計支出に占める食料費、食費の割合でございます。所得の低い人ほど割合が高くなって、所得の高い人ほど割合が低くなると。つまり国民の生活のゆとりを示す数字でありますけれども、これは1ポイント上がるというのは大変なことでございます。そういうふうな数値として御覧いただければと思います。
 日本ではこの数年、このエンゲル係数が上昇をしてまいりました。つまり、生活にゆとりがなくなって、低所得者の方々と富裕層との生活格差が広がっていると。それを示すのがこのエンゲル係数でございます。
 総理は、通告はしていませんけれど、この数字を見ていかが思われますでしょうか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) このエンゲル係数を見ますと、これは11年、12年と上がっているんですね、10年から11年、12年と、こう上がっておりまして、これはたまたま民主党政権ということになるんでしょうか。2006年、2007年、これは下がっておりますが、これはちょうど第1次安倍政権でございましたが。
 いずれにせよ格差を、この格差の定義いろいろありますが、格差というのは、国民的に許容できない格差、あるいはそれが固定をしてはならない、これは安倍政権の基本的な方針でございます。

参議院会議録情報 第183回国会 予算委員会 第4号より引用)

感想を聞かれた安倍首相はエンゲル係数についての誰もが知る解釈を否定することもなく、民主党政権時に上がっていて第1次安倍政権の時には下がっていると誇っていますが、民主党政権時よりも高くなってしまった現在の回答が5年前と真逆になっている事にお気づきになるでしょうか?

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 1,274

・関連記事
エンゲル係数が上昇しても景気回復、安倍首相が斬新すぎる新解釈を披露 | BUZZAP!(バザップ!)

「残業代ゼロ法案」また復活、「脱時間給」法案と名を変えて臨時国会での成立を目指すことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

全てのブラック企業が合法化!?与党が参院選後に成立を目指す恐怖の「残業代ゼロ法案」 | BUZZAP!(バザップ!)

日本が48年連続となる労働生産性G7最下位、OECD35ヶ国でも20位 | BUZZAP!(バザップ!)

裁量労働制を不当に適用して残業代払わずただ働き、野村不動産に是正勧告 | BUZZAP!(バザップ!)

日本の自動車業界「非正規を正社員にすると負担増だから法の抜け穴を全力で利用するよ!」 | BUZZAP!(バザップ!)

厚労省が大企業の残業時間の公表を義務付け、違反するブラック企業には罰則も | BUZZAP!(バザップ!)

【直リンク】電通に日本郵便も、厚労省が違法残業など労基関係法令違反のブラック企業334件をリスト化して公表 | BUZZAP!(バザップ!)

やはり完全に奴隷、外国人技能実習生受け入れ事業者の約9割が違法操業 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加