アームで「ドアを開けて部屋に侵入」することが可能な犬型ロボットをボストンダイナミクス社が開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類の逃げ場がどんどんなくなっていきそうです。詳細は以下から。

2017年11月、新型aiboに対抗するかのように発表されたボストンダイナミクス社の犬型ロボットSpotMiniの新モデル。

The New SpotMini – YouTube

ボストンダイナミクス社はアメリカ国防総省の軍隊使用のための新技術開発および研究を行う機関、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)からの資金援助を受け、軍事用として極めて優秀なロボットを作り続けてきた会社で、2013年にGoogleが買収した後、2017年になってソフトバンクが買収していました。

2016年に発表された旧モデルでは首長竜を思わせるロボットアームが取り付けられており、コップを片付けたり空き缶を捨てるといった動作が話題となっていましたが、新モデルではこのアームが削除されていました。

Introducing SpotMini – YouTube

しかし公開されたばかりの最新の動画では再びアームが取り付けられたモデルが登場しており、このアームを器用に使って建物のドアを開け、仲間のアームのない「SpotMini」を部屋の中に招き入れる様子が映されています。

Hey Buddy, Can You Give Me a Hand_ – YouTube

ドアはものによって開け方が違う上に、取っ手の形状も千差万別ですが、「SpotMini」は苦もなく取っ手を掴んでドアを開け、足でドアを支えながらアームを用いてドアを十分な広さまで開けて押さえているのが分かります。

これによって2体の「SpotMini」は無事に室内に侵入することができました。なお、この時点ではどれほど多様なドアを開けられるかは不明ですが、流れるような動きに目を見張らされます。

もちろんこれが災害救助用のロボットであれば、火災現場や有毒ガスなどの発生した場所などで安全に有効な活動ができる事になります。しかしもちろん軍事目的に使われれば人間の逃げ場はこれまで以上に限られてくることになるでしょう。

いつかこうしたロボットに解錠機能なども搭載されるようなことになるのでしょうか?

That’s it then. We’re f__ked_ Is Boston Dynamic’s goal to create nightmare fuel_ It looks like we get a 45 second head start before they can get the door open and slaughter us all! _ Shock Mansion

SONY AIBO ERS-7M3/T 限定ハニーブラウン マインド3
SONY
売り上げランキング: 536,623

・関連記事
aiboに対抗?ボストンダイナミクス社が家庭用犬型ロボット「SpotMini」の新モデルを発表 | BUZZAP!(バザップ!)

ボストン・ダイナミクスのアーム付き新型四足歩行ロボ、バナナの皮で転んでも自動的に立ち上がる機能が人気 | BUZZAP!(バザップ!)

最早人間には勝てない…?ボストンダイナミクス社の車輪搭載二足歩行ロボット「handle」が正式公開 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがあの「軍事用」ロボット会社ボストンダイナミクスを買収 | BUZZAP!(バザップ!)

Googleが買収したロボット会社、ボストン・ダイナミクスとは? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加