止まらないHTCの先細り、ViveもGoogle Pixelも浮上策にならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初のAndroidスマホをリリースするなど、スマホ市場で最先端をひた走っていたにもかかわらず、2013年にはシェアが2%にまで下落し、2015年にはブランド価値ゼロとみなされるなど、厳しい状況に陥ったHTC。 カメラに注力したハイエンドスマホを積極的に投入しつつ、VRヘッドセットなどの新規市場の開拓を進めていますが、残念ながら浮上策にはつながっていないようです。詳細は以下から。 (さらに…)(続きを読む...)