本当に99%のアメリカ人がウォール街を占拠しようと考えているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加


By Ed Yourdon

9月から始まり、「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」をスローガンに今も続いているデモ。「私たちは99%だ(We are 99%)」として、莫大な富を独占している1%に対して抗議を行っています。では、実際にアメリカ人たちはこの運動をどのように捕らえているのでしょうか。



Public Opinion and the Occupy Movement - Interactive Feature - NYTimes.com:

ニューヨークタイムズ紙が11月9日からこの運動に対してどのように考えているかを読者に対して問いかけています。以下はその結果のグラフ。横軸が「この運動の目指すゴールに賛成するか、反対するか」縦軸が「この抵抗のやり方を支持するか、しないか」を現します。


実際にこの運動に強く賛同する右上のマスに非常に多くの票が集まっています。この運動が強い支持を集め、支持者がアクティブに意思を表明していることは間違いありません。しかしその中でもやり方については完全に賛同しきれない層がいるのが見て取れます。

反対に、激しく反発する層も明らかに一定存在しています。彼らの意見を見ると、「反対をしている暇があるなら仕事をして金を貯めればいいではないか」といった「自己責任論」に近い感覚が見て取れます。

だとすれば、そもそも社会のシステムに矛盾や歪みがあると考える賛同層とは、アメリカの現状に対する視点にずれが生じていることになります。人種、民族、宗教などが入り乱れ、家庭、教育、経済状況もばらばらのこの国においてはそうした視点の統一は容易なことではありません。

また、この集計はあくまでニューヨークタイムズの電子版の読者を対象にした調査なので、インターネットに積極的にアクセスしない層、サイレントマジョリティと呼ばれる人々などはそもそも数に入っていないことになります。

現在も継続中のこの運動が今後どれだけの人々を巻き込んでどのように進展していくのか、仕掛け人のカレ・ラースンが目指すジャスミン革命のような動きとなるのか、目が離せません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会の人気記事

  1. 普通郵便の「翌日配達」「土曜配達」廃止で実質値上げ、木曜に出した郵便物は月曜到着に
  2. NHK「テレビ設置時の届け出を義務化しろ」、受信料未払い者の個人情報も要求
  3. 【ネット工作】自民党・河井克行元法相が「対立候補の批判」を業者へ依頼、投稿内容まで具体的に指示していた
  4. 日本学術会議の任命拒否問題を世界最高の学術誌「サイエンス」「ネイチャー」が批判、海外の一流紙からも「非情な黒幕」「学問の自由への攻撃」など問題視する声
  5. 「バイトにボーナスは不要!」「契約社員に退職金は不要!」最高裁が相次いで判断、働き方改革の目玉「同一労働同一賃金」早くも終了

社会に関連した楽天商品ランキング