ダライ・ラマ14世の暗殺を狙った中国のナショナリストがインドに入国と報道される

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界的に有名なダライ・ラマ14世の暗殺計画が進行中であるとの報道がインドでなされました。


Terrorists from Tibet may target Dalai Lama Cops - Video The Times of India

タイムズ・オブ・インディアによると、ムンバイ警察は6人の中国人のナショナリストがインドに入国する疑いがあると報じました。中国国籍を持つタシ・プントゥックを含む6人が諜報目的でインドに入国し、同時にダライ・ラマ14世の暗殺をも企てている可能性があるとのことです。



なお、タシ・プントゥックという名前はチベット系のもの。経緯の解明と早期の安全の確保が急務となります。

・関連記事
アフガニスタンでの従軍を経て兵士たちの顔はどのように変わったかを比較する画像 BUZZAP!(バザップ!)

この100年の世界の歴史を10分にまとめたハイライト映像 BUZZAP!(バザップ!)

世界各地の退廃的なアヘン中毒者たちを記録した100年前の写真 BUZZAP!(バザップ!)

資本主義の不思議、70年前に製造されたフルーツケーキが高値で落札される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会の人気記事

  1. 【新型コロナ】クルーズ船のゾーニング状況を橋本岳厚労副大臣が自ら公開し盛大に自爆、もはや内部告発に
  2. 首相官邸が公式ページの「新型コロナウイルスの主な感染場所」から「学校」をこっそり削除
  3. 【新型コロナ】厚労省「陽性者が多く出た場合の業務への支障を考慮して」クルーズ船作業の職員にウイルス検査受けさせない方針
  4. 【新型コロナウイルス】国立感染症研究所が「予算・人員不足で運営に限界」と2011年に悲鳴→さらに予算が10年で1/3削減されていた
  5. 【速報】クルーズ船「不潔ルート」「清潔ルート」は中で合流、ノーマスクで作業など驚きの実態がさらに明らかに

社会に関連した楽天商品ランキング