「WX04K」は6月登場か、ウィルコム初のPHS対応Androidスマートフォン

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前からBUZZAPでお伝えしているウィルコムのPHS対応Androidスマートフォン「WX04K」の発売時期が報じられました。



スマホ1台に携帯とPHS回線 ソフトバンク、6月にも  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、ソフトバンクグループは携帯電話とPHS回線を両方を搭載したスマートフォンを開発し、早ければ6月にも投入する予定であるそうです。

新たに開発されたモデルは京セラ製とされており、以前からお伝えしてきた「WX04K」となる模様。PHSと携帯電話の両方の番号が付与され、他社携帯電話や固定電話、IP電話などへの10分以内の通話が月500回無料になる「だれとでも定額」を利用できるほか、ソフトバンクが提供するデータ通信サービスを利用できるとされています。

ちなみに今まで明らかになっている「WX04K」のスペックは、PHSだけでなく3G通信機能や無線LAN、Bluetooth、USIMカードスロットおよびmicroSDカードスロットを備え、GSMにも対応。現在販売されている「型落ちとなったソフトバンクモバイルのスマートフォン+通話専用PHS端末のセット」ではなく、新たに開発されたモデルとなるだけに、期待を寄せるウィルコムユーザーは多そうです。

・レビュー記事
ウィルコム初のAndroid「DIGNO DUAL WX04K」超速攻ムービーレビュー、W-ZERO3ユーザーの悲願を達成か | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
ウィルコム初のAndroidスマートフォン「WX04K」は登場間近か | BUZZAP!(バザップ!)

高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI陣営が2012年4月度の純増数トップに、ソフトバンク陣営の猛攻をかわす | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「PORTUS」発表、下り最大42MbpsのULTRA SPEED対応でモバイルルーターにも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 【速報】au版iPhone SEが一括0円で販売中、衝撃の「回線契約なしでも本体割引」をドコモやソフトバンクも
  5. 1万円台前半の格安タブレット「Teclast P20HD」や「Alldocube iPlay 40」値下げ、動画視聴もビデオ会議もカーナビ代わりにも活躍の本格SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング