京都WORLDが再始動、4日連続の復活祭を開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加



風営法による摘発で2011年12月から営業を取りやめていた京都の有名クラブWORLD。祇園祭に沸くこの三連休に合わせて営業再開となり、多くのクラブファンが詰めかけました。

WORLD PEACE LOVE 京都ワールド

祇園祭の宵山の3日間を直前に控えた7月13日、京都の繁華街に位置するクラブWORLDに再びダンスミュージックが溢れかえりました。京都WORLDは2011年12月に店舗の客室面積に関する違反での摘発後、現在までに再度風営法の許可を取得し、この度WORLD PEACE LOVEと銘打って復活。4日間に渡る復活祭を皮切りに、再び京都のダンスシーンに舞い戻ってきます。

この復活祭に関しては特別な告知はしていなかったということでしたが、以前からのファンを始めとして大勢の若者が詰めかけており、大変な活気に包まれていました。

華やかに飾られたエントランスには京都の他のクラブなどからお祝いの花が多数。常に賑わっていましたが、IDや持ち物のチェックなどはしっかり行われていました。この辺りにも意気込みを感じます。



この日の音は関西を中心に活躍するイベントプロデュースチーム「*Groovy workshop.」 によるオールジャンル。DJがガンガンフロアを煽って盛り上げていき、22時を周る頃にはフロアもバー周辺もすごい賑わいに。

遊びに来ていたお客さんに話を聞いてみると、周囲のお店で話を聞いて来たという人、Twitterからの情報で開催を知って駆けつけたという人も。みなさんこれからもぜひWORLDで遊んでいきたいとのことでした。

復活祭は祇園祭が大盛り上がりとなるこの三連休中続き、最終日、宵山の日には田中知之(FPM)、大沢伸一も登場。この期間中は浴衣の女子は入場無料という嬉しい特典付きとなっており、祇園祭で楽しく遊んだ後、さらにWORLDになだれ込んで盛り上がるという鉄板コースが可能となっています。

折しも14日から4月に風営法で摘発された大阪のクラブNOONの救済イベント「SAVE THE NOON」も開始。風営法の問題に関して多くのクラブファンたちが踊るということについて考え、行動してきましたが、この週末は全力で踊り倒してみてはいかがでしょうか?

・関連記事
風営法に関する「ダンスの規制に関する質問主意書」への答弁書が閣議決定される BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正のための10万人署名活動、スチャダラパーのBose、石野卓球、TOWA TEIら57氏が賛同人に BUZZAP!(バザップ!)

風営法で摘発されたクラブの救済イベント「SAVE THE NOON」にTHA BLUE HERB、七尾旅人、いとうせいこう、YOUR SONG IS GOODらが続々決定、出演日など詳細が明らかに BUZZAP!(バザップ!)

100年以上昔に作られた世界最古のDJシステム BUZZAP!(バザップ!)

「ラブパレードの復活か?」と囁かれているベルリンの「B-Parade」とは一体何なのか BUZZAP!(バザップ!)

「猿にテクノミュージックは作れるのか?」を本当に実験してしまった映像 BUZZAP!(バザップ!)

こんな人いるいる!初心者向けクラブでの踊り方ハウツー動画集「How to Dance in The Club」が話題に BUZZAP!(バザップ!)

オシャレして夜遊びしたいパーティ・ガールのためのシークレットポケット付きブラが開発される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加