シャープがApple・Google・マイクロソフト・Intelなどと業務提携交渉、国内・海外メーカーにIGZO液晶供給へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



経営再建中のシャープがAppleやGoogle、マイクロソフト、Intelのほか、PCメーカー各社などと全方位に向けて業務提携の交渉を行っていることが報じられました。



アップルなど3社と提携へ シャープ、新型液晶を供給 - 47NEWS(よんななニュース)

共同通信社の報道によると、経営再建中のシャープがApple、Google、マイクロソフトの3社と業務提携する交渉に入ったことが判明したそうです。これはタブレット型端末などの共同開発を視野にシャープ独自の新型液晶を供給するというもの。

さらに新型液晶については国内メーカー数社と供給について協議しているほか、すでにLenovoやDELL、HPといった世界トップクラスのPCメーカーとも交渉中であることが明かされており、さらにIntelとは超小型演算処理装置の開発協力で交渉を進めているとのこと。

なお、AppleとIntel、Google、HP、マイクロソフトの5社とは業績回復段階での出資も打診しているようであると報じられています。

ちなみにシャープの業績は決して思わしくなく、2012年9月中間連結決算の税引き後利益の赤字額が従来の予想の約2倍となる4000億円規模に膨らむ見通しとなったことが先日明らかに。赤字が膨らんだ理由として、液晶パネルの価格下落で在庫の評価損を計上することや、Apple向けの液晶パネルの出荷が遅れていることが響いたことが挙げられています。

・関連記事
わずか6.1インチで新しいiPadを圧倒する解像度、「IGZO液晶」はシャープ再建の要に | BUZZAP!(バザップ!)

世界初のIGZO液晶タブレット「AQUOS PAD SHT21」速攻レビュー、超低消費電力を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

シャープの切り札「IGZO液晶」搭載の「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」レビュー、消費電力は5分の1に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加