レクリエーション用の大麻がコロラド州、ワシントン州で合法化

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by muyuy74

オバマ再選に沸くアメリカ合衆国ですが、本日コロラド州およびワシントン州ではレクリエーション目的での大麻が合法化されました。

Amendment 64 Passes Colorado Legalizes Marijuana For Recreational Use

Colorado legalizes recreational use and sale of marijuana - San Jose Mercury News

コロラド州ではAmendement 64の名前で知られる「21歳以上の大人によるレクリエーション目的での大麻使用の合法化」法案が可決。150万7746票のうち賛成が52.7%、反対が47.3%となり、2006年の否決から一転、合法化が決定しました。これにより、コロラド州はアメリカ合衆国で初めて大麻が合法化された州となりました。

今回合法化されたのは個人での大麻の所有(1オンス=約28グラムまで)及び使用、さらには6株までの栽培と販売も可能となる見通しであるとのこと。ただし、公的な場での使用は認められません。

この法案の成立により、コロラド州政府は大麻に対して酒や煙草と同じように課税とレギュレーションが可能となります。今後生まれるとされるレクリエーション目的での大麻の需要により、コロラド州は年に500万~2200万ドル(約4~17億円)の収入が見込めるとの予測もあります。

ワシントン州もコロラド州とほぼ同じ内容のInitiative 502を可決。これにより大麻が合法化され、21歳以上の大人への販売に対する課税とレギュレーションが行われます。

Washington passes measure to legalize, regulate and tax marijuana Strange Bedfellows ? Politics News - seattlepi.com

ただし、連邦政府は現時点では大麻を違法薬物としており、コロラド州、ワシントン州の決定に対してどのような態度で望むのかは不明。再選されたオバマ大統領がどのような判断を下すのか、注目が集まっています。

(Photo by muyuy74

グラス - マリファナvsアメリカの60年 [DVD]
ナウオンメディア(株) (2007-05-25)
売り上げランキング: 86197



大麻ヒステリー (光文社新書)
武田 邦彦
光文社
売り上げランキング: 12321



・関連記事
合法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

ハイにならない医療用マリファナがイスラエルで開発される BUZZAP!(バザップ!)

マリファナ自動販売機「Autospense」がカリフォルニアに登場、ただし医療大麻に限る BUZZAP!(バザップ!)

アノニマスが本日、大麻解放キャンペーン「Operation Cannabis 420」を開始すると予告 BUZZAP!(バザップ!)

スペインの片田舎の小さな町は如何にしてマリファナ栽培に土地を貸し出すことになったか? BUZZAP!(バザップ!)

合法ハーブ吸引で都内初の死者か、恵比寿の路上にて下着姿で暴れていた30代男性が死亡 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加