風営法にもっと意識を!7日間ノンストップでDJイベント世界記録に挑戦する「BIG JOINT TOKYO」が12/25-1/1まで開催

このエントリーをはてなブックマークに追加



ダンス規制撤廃に向けた署名運動も佳境を迎えていますが、東京でなんと7日間ノンストップのDJイベントが開催されます。HPでは「ひとりでも多くの方に、風営法の『ダンス規制』について疑問を持っていただきたいと考えています」と熱く語られています。

今年のクリスマス、12月25日からカウントダウンを経た1月1日まで7日間、東京、渋谷で総勢100名を超えるDJによって7日間、168時間ぶっ続けで行われ「DJイベント世界最長記録」に挑戦する「BIG JOINT TOKYO」。

7日間ノンストップ!DJイベント世界記録に挑戦 2012.12.25-2013.01.01 BIG JOINT TOKYO

”つなげる遊び”をテーマに活動するクリエイティブユニット「BIG JOINT」と”BURNING JAPAN”を主催したオーガナイザー「AFROMANCE」が中心となって主催、開催中はインターネットでライブ映像をストリーミング配信予定となっています。


Live video for mobile from Ustream

このイベントのHPには

「当イベントは、純粋に音楽を楽しむ多くのクラブDJ達の存在を世の中に顕在化させていくとともに、ひとりでも多くの方に、風営法の『ダンス規制』について疑問を持っていただきたいと考えています。」

と記述されており、会場では風営法からの「ダンス規制」削除を求める署名も行われます。

大阪、アメリカ村の大規模クラブ摘発に端を発し、京都からLet's Dance署名委員会による署名運動が始まるなど、主に関西圏を主軸として動いてきた風営法の「ダンス規制」問題。

関西でこの問題に対して活動する人々からは首都圏のクラブ関係者、アーティスト、愛好家たちとの温度差の話も聞かれるなど、各地の警察の摘発の状況によって実感や認識のギャップが生じていました。

ここに来て東京から、風営法を強く意識したこうしたイベントが開催されるのは非常に朗報と言えるでしょう。なお、このイベントはDJ、オーガナイザーから飲食店経営者まで多くの立場からの参加による企画となっており、業界間での温度差の解消に向けたアクションの先鞭としても期待されます。

踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会
磯部 涼
河出書房新社
売り上げランキング: 12409


最新風営適正化法ハンドブック 全訂第3版
風俗問題研究会
立花書房
売り上げランキング: 209175


・関連記事
風営法に関する各政党、都知事候補の見解を求めた公開質問状の回答が公表される BUZZAP!(バザップ!)

風営法のパブリックコメントへの回答に見る警察庁のダンス規制へのスタンスと問題点 BUZZAP!(バザップ!)

風営法に関する「ダンスの規制に関する質問主意書」への答弁書が閣議決定される BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正を目指す法律家たちの団体「Let’s Dance法律家の会」が発足、キックオフイベントにはDJ Yojiや田中康夫衆議院議員も BUZZAP!(バザップ!)

京都WORLDが再始動、4日連続の復活祭を開催! BUZZAP!(バザップ!)

渋谷、円山町のクラブが一斉摘発 BUZZAP!(バザップ!)

ついに東京でも、西麻布の有名クラブ「alife」が風営法違反で摘発される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加