環境省が「PM2.5」特設ページを公開、各地の監視速報値などへもアクセス可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



中国大陸から偏西風に乗って日本にも流れ込みつつある微小粒子状物質「PM2.5」。

髪の毛の太さの30分の1程度の大きさであるため肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されていますが、環境省が特設ページを公開しました。



環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報


環境省が公開した特設ページでは「PM2.5」についての解説や環境基準、各地の大気常時監視速報値掲載サイトなどへのリンクがまとめられています。

「PM2.5」は大気中に漂う粒径2.5μm(1μm=0.001mm)以下の小さな粒子で、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた粒径10μm以下の「浮遊粒子状物質(SPM)」よりも小さなもの。


髪の毛の太さの30分1程度という細かさであるため肺の奥深くまで入りやすく、肺がんをはじめとした呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。


ボイラーや焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の体積場などの粉じんを発生する施設に加え、自動車や船舶、航空機など人為起源のもの、そして土壌、海洋、火山等の自然起源のものがPM2.5の発生源。


工場などのばい煙発生施設の規制や自動車の排ガス規制などにより、PM2.5の年間濃度は減少傾向で、非都市部では環境基準(1年平均値15μg/m3以下かつ1日平均値35μg/m3以下)を下回っています。


なお、以下は環境省の大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」のページ。アクセス殺到でつながりにくくなっていますが、各地点での速報値を確認できます。

大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページ


2月11日(月)6時時点での近畿地方のPM2.5測定値。中国の大気汚染の影響を受け、1日の平均規制値を超える36μg/m3を記録しています。



・関連記事
今だからこそ見直したい、チェルノブイリ原発事故から26年目の現地の光景 | BUZZAP!(バザップ!)

薬物中毒患者の劇的なビフォー・アフターを表現した写真作品「Half」 | BUZZAP!(バザップ!)

呼吸するだけで風力発電できてしまうマスク「AIRE」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加