シャープがSamsungと資本提携を正式発表、スマートフォン向け液晶なども供給へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日お伝えした通り、シャープがSamsungから出資を受けることを正式発表しました。



サムスン電子との液晶事業分野における協業関係を強化 同社日本法人のサムスン電子ジャパンと資本提携 | ニュースリリース:シャープ

シャープのプレスリリースによると、同社は本日、Samsungの日本法人であるサムスン電子ジャパンを割当先とした第三者割当による新株式の発行を実施し、資本提携を行うことを決議したそうです。

これによりサムスン電子ジャパンから約104億円の出資を受け入れることとなり、出資後の議決権ベースで3.08%の新株式を発行するとのこと。

今後は協業関係をさらに強化し、大型テレビ向け液晶パネルおよびノートパソコンなどのモバイル機器向け中小型液晶パネルを長期的・安定的・タイムリーに供給していくとしています。


・関連記事
日本人の中国や韓国、アメリカに対する好感度の変遷が一目で分かるグラフ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneは本当に販売不振なのか、その実情が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

経営難のシャープを救う「PM2.5」、中国で空気清浄機の売り上げが3倍以上に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにAppleが日本市場で携帯電話のシェア1位を達成、海外勢のシェアが過半数を突破 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加