Googleリーダーが2013年7月1日で終了へ、大切なデータの保存方法はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleは自社のフィードリーダーであるGoogleリーダーを今年の7月1日をもってサービス終了とすることを発表しました。詳細は以下から。

Googleは自社のGoogle Reader Blogの中で現地時間3月13日に、Gooleリーダーを2013年7月1日に終了することを発表しました。

終了の理由としてGoogleが上げているのは2点。1点目は利用者が減少していること。2点目はより少ないプロダクトにエネルギーを注ぐことでよりよいユーザーエクスペリエンスを提供するためとのことです。

ユーザーには移行のための準備期間として3ヶ月の猶予を提供するので、その間に別のフィードリーダーを探してくれとのこと。データ移行にはGoogle Takeoutの使用が推奨されていますので、こちらを利用したデータ保存の方法を紹介します。

Google Takeout

まず真ん中のChoose seivicesをクリックし、下に現れるSelect a seriviceの中からReaderを選択し、その下のCREATE ARCHIVEをクリックしてアーカイブデータを作成します。

(クリックして拡大)

次に一番右のDownloadsをクリックし、ReaderのデータがCompleteになっていることを確認したら右下のDownloadをクリック。場合によってはアカウント認証が求められるのでその時は通常通りパスワードを入力します。

(クリックして拡大)

このデータを次に使うフィードリーダーにインポートすればOKです。

既にこのニュースを受けてTwitterを始めとしたネット上では阿鼻叫喚の渦となっています。次に使うべきサービスはどれか、ユーザーはあと3ヶ月の内にじっくり見極める必要があります。


グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
スティーブン・レヴィ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 16,324



・関連記事
【問題】「Brfxxccxxmnpcccclllmmnprxvclmnckssqlbb11116」の読みを答えなさい BUZZAP!(バザップ!)

GoogleがNexus 10の国内販売をようやく開始、iPadよりも薄型軽量で高精細に BUZZAP!(バザップ!)

「北朝鮮の地図」がGoogleマップで利用可能に、現地の写真も BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加