iPS細胞から赤血球が作製可能に、輸血用血液の大量生産を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by wellcome images

あらゆる細胞になる能力を持つiPS細胞から赤血球を豊富に作成する技術が開発されました。実用化されれば輸血用血液の供給源として重要な役割を果たす可能性があります。

iPS細胞 赤血球を量産 輸血用血液製造に期待""理研- 毎日jp(毎日新聞)

理研、赤血球大量製造に道 iPS細胞から - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

理化学研究所バイオリソースセンターの中村幸夫細胞材料開発室長らが21日に日本再生医療学会で発表したところによると、あらゆる細胞になる能力を持ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)から赤血球を大量に作り出す技術を開発したとのこと。

技術としては、iPS細胞を貧血治療に使われる薬品「エリスロポエチン」の成分など、血液増殖に繋がる物質を使って培養することによって赤血球を生み出す「赤血球前駆細胞」を作製する。

中村さんらはこれによって作られる赤血球前駆細胞に無限に近い増殖能力をもたせることに成功。輸血に必要な量の赤血球を作製することは現時点でも可能となっている。

問題点としては赤血球前駆細胞が赤血球に変化する際の成功率が25%程度ということ。実用化にはコスト削減が必須で、そのための技術の改良に数年かかる見込み。

iPSから作製された組織は移植するとガン化する恐れが指摘されているが、赤血球は核を持たず、増殖しないためガン化の心配は無い。O型Rh-の赤血球を大量生産して貯蔵出来れば、ほぼ万人に輸血可能となるとのこと。

少子高齢化の進行で輸血用血液確保が難しくなると言われていましたが、この技術が実用化されれば一気に問題が解決されることになりそうです。街から献血センターがなくなるとしたらちょっと寂しいですが。

(Photo by wellcome images)

赤血球の生化学 (UP バイオロジー)
水上 茂樹
東京大学出版会
売り上げランキング: 925,089



ジャイガンチックマイクローブス 赤血球
Giant Microbes
売り上げランキング: 321,811



・関連記事
エイズ治療前進へ、ハチの毒を用いてHIVなどのウイルスを破壊することに成功 BUZZAP!(バザップ!)

ついに人造の「目」が登場、人工網膜システム「Argus II」が世界的に実用化へ BUZZAP!(バザップ!)

おっぱいを揉むと乳がん予防になるという驚きの研究結果 BUZZAP!(バザップ!)

風邪をひいたときはビールを飲むといいかもしれません BUZZAP!(バザップ!)

Twitterがダイエットに効果的という研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加