渋谷区議会が風営法の「ダンス規制」の見直しを求める意見書を全会一致で採択

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by I-5 Design & Manufacture

本日、渋谷区議会は国会及び政府に対して風営法のダンス規制の見直しを求める意見書を全会一致で採択しました。

渋谷区議会の浜田ひろき議員のTwitterなどによると、本日行われた渋谷区議会の本会議において、以下リンクにあるダンス規制の見直しを求める意見書が全会一致で採択されました。

ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書(pdf)


この意見書の中では中学校教育でのダンスの必修化に触れると共に、現在ダンスが一部愛好家だけのものではなく多くの国民が日常的に楽しむものになっているとしています。

これに対し、昭和23年に制定された風営法の「不健康な風俗」としてのダンスの位置づけと風俗営業としての規制が現状にそぐわなくなっており、結果様々な歪を生じさせていると言及。

国会と政府に対してダンス文化が萎縮しないよう風営法の「ダンス規制」を見直すこと、深夜営業に由来する問題については個別の法規で規制するよう「強く求める」としています。

渋谷という東京、ひいては日本のクラブカルチャーを始めとした文化の発信源のひとつである街の区議会がダンス規制に対するスタンスを公式に明らかにしたことは、風営法改正に向けた非常に大きな一歩と言えます。



踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会
磯部 涼
河出書房新社
売り上げランキング: 103,125



・関連記事
風営法問題を通して日本の音楽の未来について語るドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON」がクラウドファンディングで制作、公開資金の募集へ BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】風営法から「ダンス規制」の削除を求めるLet’s Dance署名が目標の10万筆達成 BUZZAP!(バザップ!)

風営法のパブリックコメントへの回答に見る警察庁のダンス規制へのスタンスと問題点 BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正を求めるLet’s Dance署名推進委員会の賛同人第2弾が発表に、リリー・フランキー、EGO-WRAPPIN’、小山田圭吾らジャンルを超えて126人が賛同を表明 BUZZAP!(バザップ!)

風営法に関する「ダンスの規制に関する質問主意書」への答弁書が閣議決定される BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正を目指す法律家たちの団体「Let’s Dance法律家の会」が発足、キックオフイベントにはDJ Yojiや田中康夫衆議院議員も BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正のための10万人署名活動、スチャダラパーのBose、石野卓球、TOWA TEIら57氏が賛同人に BUZZAP!(バザップ!)

風営法改正のための10万人署名活動が5月29日から開始、フジロック、サマソニ主宰らも呼びかけ人に BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】風営法改正を目指し10万人を目標とした署名運動開始へ、坂本龍一らが呼びかけ人に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加