数十Gbpsを実現する「5G(第5世代携帯電話)」の展開予定が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



LTEを用いた「au 4G LTE」「Softbank 4G LTE」やAXGPを用いた「Softbank 4G」など、第4世代を表す「4G」をサービス名に冠した次世代高速通信が2012年に相次いで展開されましたが、さらに上をゆく「第5世代携帯電話(5G)」が展開される見通しが明かされました。



Samsung to offer 5G service by 2020 | YONHAP NEWS

韓国メディア「YONHAP NEWS」の報道によると、世界的なシェアを誇るスマートフォン「Galaxy」シリーズに加え、携帯電話基地局なども手がけるSamsungが2020年までに第5世代携帯電話(5G)サービスの中核技術を開発したことを発表したそうです。

新たな通信技術は現行のLTEサービスの下り最大75Mbps(日本では下り最大112.5Mbps)を圧倒する、下り最大数十Gbpsにおよぶ通信速度を実現するもの。

現行の携帯電話に用いられている周波数帯よりも非常に高い28GHz帯と64のアンテナ素子を使用した通信実験を行ったところ、一般的な光ファイバー(100Mbps)10本分にあたる1Gbpsで通信できたとしており、Samsungは標準化に向けた開発を続けていくとしています。

ちなみに現行のLTEやWiMAX、AXGPなどの通信規格は国際電気通信連合(ITU)が商業的に「4G」と呼称することが認められているものの、厳密には第3.9世代(3.9G)にあたるなど、実際の世代と商業的な世代の呼称にはズレがあるのが現状です。

なお、「WiMAX 2」と並んで「4G」として正式に認められている「LTE-Advanced」の通信速度は下り最大1Gbpsを超える予定で、NTTドコモが2015年にもサービスインする方針ですが、はたして商業的には第何世代という扱いになるのでしょうか。


・関連記事
今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話やWiMAXの地下鉄向け基地局設備を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【2013年版】UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G・4G LTE徹底比較、本当に選ぶべきはどれなのか | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが10Gbpsの超高速通信に成功、一般的な光ファイバー100本分に相当 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIも通話中データ通信対応か、CDMA2000を捨ててLTEに特化した携帯電話が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3GbpsのLTE-Advancedネットワークを実現する「高度化C-RANアーキテクチャ」をドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

つながりやすく高速なLTE基地局を低コストで実現する技術が登場、スマフォの電池消費改善も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング