数十Gbpsを実現する「5G(第5世代携帯電話)」の展開予定が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



LTEを用いた「au 4G LTE」「Softbank 4G LTE」やAXGPを用いた「Softbank 4G」など、第4世代を表す「4G」をサービス名に冠した次世代高速通信が2012年に相次いで展開されましたが、さらに上をゆく「第5世代携帯電話(5G)」が展開される見通しが明かされました。



Samsung to offer 5G service by 2020 | YONHAP NEWS

韓国メディア「YONHAP NEWS」の報道によると、世界的なシェアを誇るスマートフォン「Galaxy」シリーズに加え、携帯電話基地局なども手がけるSamsungが2020年までに第5世代携帯電話(5G)サービスの中核技術を開発したことを発表したそうです。

新たな通信技術は現行のLTEサービスの下り最大75Mbps(日本では下り最大112.5Mbps)を圧倒する、下り最大数十Gbpsにおよぶ通信速度を実現するもの。

現行の携帯電話に用いられている周波数帯よりも非常に高い28GHz帯と64のアンテナ素子を使用した通信実験を行ったところ、一般的な光ファイバー(100Mbps)10本分にあたる1Gbpsで通信できたとしており、Samsungは標準化に向けた開発を続けていくとしています。

ちなみに現行のLTEやWiMAX、AXGPなどの通信規格は国際電気通信連合(ITU)が商業的に「4G」と呼称することが認められているものの、厳密には第3.9世代(3.9G)にあたるなど、実際の世代と商業的な世代の呼称にはズレがあるのが現状です。

なお、「WiMAX 2」と並んで「4G」として正式に認められている「LTE-Advanced」の通信速度は下り最大1Gbpsを超える予定で、NTTドコモが2015年にもサービスインする方針ですが、はたして商業的には第何世代という扱いになるのでしょうか。


・関連記事
今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話やWiMAXの地下鉄向け基地局設備を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【2013年版】UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G・4G LTE徹底比較、本当に選ぶべきはどれなのか | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが10Gbpsの超高速通信に成功、一般的な光ファイバー100本分に相当 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIも通話中データ通信対応か、CDMA2000を捨ててLTEに特化した携帯電話が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3GbpsのLTE-Advancedネットワークを実現する「高度化C-RANアーキテクチャ」をドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

つながりやすく高速なLTE基地局を低コストで実現する技術が登場、スマフォの電池消費改善も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加